遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 2月18日(火)〜3月19日(水)回復はいつ?

<<   作成日時 : 2014/03/20 08:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



酸素吸入2リットル


3月19日(水)

入室すると、右腕がかすかに動いている?
整容をしながら様子見。
20分経っても治らない。
看護師さんに相談しようと思っていたところ、日勤さんが説明に来てくれた。

『18日(火)深夜、また顔と右側に痙攣がおきた。
なかなか止まらなかったため、フェノバール(けいれん止め)を注射した。
さらに酸素飽和度も下がったため、一時的に酸素を3リットルに増やした』

昨日、2カ月半も休んでいた車椅子を再開したばかりだった。
わずか10分弱の時間だったが、病棟内を散歩することができたのに。
その前の日は腹臥位をして貰ったのに。
やや脈が乱れたものの、いくらか元通りにやれる兆しが見えていたのに。

16時頃、かすかなピクツキがだんだん強くなってきた。
1時間ほど続き、落ち着いて動きがない時間が半時間。
またごくごく軽い口腔ケアが刺激になったのかピクツキ始める。

18時頃からさらに激しくなる。
顔面が泣いているようにくしゃくしゃになった。
それと同時に腕の動きも大きくなる。
肩をそびやかすような動き。
布団の上からも良く分かる。
それを携帯で動画に撮る。

20時前、夜勤の看護師に激しくなった腕の動きを見てもらう。
『呼吸状態が悪くなるようでしたらまた注射をします』と行ってしまった。
他にも具合の悪い患者さんがいるのだろう。

もう帰らなくてはならない。
顔を覗き込む。

苦しいだろうな。
不安だろうな。
見開いた目に脅えが見える。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2月18日(火)〜3月19日(水)回復はいつ? 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる