遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 10月8日(火)から10月14日(月) 血痰

<<   作成日時 : 2013/10/15 11:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

酸素吸入 約1リットル



10月8日(火)

カーテンの中でよく眠っている。
入浴。
体温―36.6度  Spo2―92〜94%  脈拍―62
ギャッジアップ 計18分
リハビリ 20分
爪刺激・血管マッサージ 35分
吸引 4回
口腔ケア



10月9日(水)

Sナースが、『(ぼつぼつは)だいぶ良くなっている』と言う。しかし、胸部の赤みは薄れている感じだが、相変わらずぽつぽつは残っているし両腕などはむしろ増えている気がする。皮膚が白いからか毛穴が目立つ。

体温―35.9度  Spo2―90〜95%  脈拍―56〜63  室温 ―25度  湿度―55.5%

口腔ケア いつものケアに加え、スプーンで舌刺激。



10月10日 (木)

散髪済み。
床屋さんもプラスティックガウンを着てバリカンをかけてくれたのだろう。散髪部屋まで連れて行く許可は下りなかっただろうから。
坊主にされて、頭のニキビ(毛嚢炎)がよく見えるようになった。これもずっと治らない。もう薬も出してもらえていない。

5時にピコス10滴、17:00と19:00に排便。

体温―35.7度 Spo2―94〜96% 脈拍―51 室温―24.5度 湿度―54%



10月11日(金)

入浴日。
16:15にオムツ替えのワーカーが来たが、お風呂の迎えのストレッチャーと重なる。そのままお風呂場へ。朝10時に替えたまま本当に垂れ流し。

体温―36.1度 SPo2―93〜96% 脈拍―64〜65 室温―25.5度 湿度―57%

10月から働いている新人ヘルパー。
新人と言っても経験はあるのだろう。態度が落ち着いていると言うか大きい。
それはまあいいが、がんがん咳をしている。マスクはつけているが、ほとんど焼け石に水の様な感じ。
人手不足はわかるが。家族があそこまで咳をしていたら絶対面会禁止だろうに。



10月12日(土) 

タオルについた痰に血が混じっている
自力排出した痰自体も汚い色

Sナース
『別の皮膚科医に診てもらった。ヒゼンダニもその卵も見つからなかった。疥癬ではなさそうとの診断。脚もエルタシンでは駄目だとの事で替える』
とのことで、どちらにもマイザー亜鉛華単混合の軟こうを処方される。
マイザー(http://www.qlife.jp/meds/rx16538.html
亜鉛華単(http://www.dryskincarenavi.com/article/45699544.html
マイザーはかなり強力なステロイドらしい。疥癬の疑いはほとんど晴れていると言う事か?カーテンは相変わらず閉められているが。



10月13日(日)

パジャマやタオルについた痰に血が混じっている昨日より量が多い
Oナースに話すが、『病的なものならもっと多量』だと言う。
吸引時に傷つけたのかも知れないとも言うが、自力排出した痰も灰色や薄緑のような汚い色である
ここのところ熱こそないがSpo2も余り良くない。
咳をしている例のスタッフから風邪を移されたか?今日は姿を見かけないが。
それにやはり一番心配なのは肺炎。そして肺がんなどの成人病の恐れも十分ある。

http://www.eonet.ne.jp/~drn/hemosputa.htm



10月14日(月)

14:00 入室。
穏やかな顔をしているが、Spo2は83〜88%。
家族がいないとただでさえ吸引回数が少ないのだが、カーテンを引かれて余計ひどくなった。苦しんでいる声も姿も聞こえず見逃されている

Eナースに血痰の事を話すと『昨日の午前中も出血混じりの痰があったが、夜は出ていないと聞いている』との事。
もう一度同じようなことがあったら、胸の検査をしてもらいたい。

ナースのケア。
右脚にマイザーを塗る。少し良くなってきたからかバンデージを外されている。
胸部の状態もややましになってきたか?
結局疥癬ではなかったのか?でも最終診察は26日(土)の皮膚科医の判断にゆだねられるようだ。それまでカーテンを閉められ、スタッフはプラスチックガウンをかぶるのか?
車椅子にもずっと乗れていない。それでも1カ月9000円の出費は変わらず。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です!
ふーみんさん、疥癬ではなかったのでしょうか?
早くはっきり診断して完治させて欲しいですよね!
血痰も心配です。
気管に傷がついたのでしょうか?
うちのような気管内肉芽などではありませんように(>_<)

2013/10/15 22:22
風さん、コメントありがとうございます。

疥癬の診断は本当に難しいらしいのですよ。前回、疥癬をもうのう炎と判断されてそれは大変な目にあった(ウチも病院も)から、慎重になっているらしいのですがね。
血痰、え?!!肉芽ということもありですか?
気管に傷、確かにあのナースなら
ふーみんの姉
2013/10/15 23:36
血痰って!!!心配だね

でも結局、病院の人達ってのは責任を負いたくないのよね。だからいちいち確認する。慎重なのは悪いコトじゃないとは思うけど臨機応変ってのが皆無。
で、こっちが「こうした方が良いのでは?」って提案すると「何を素人が!」的な白い目で見られハナでせせら笑われ、挙げ句の果てにはモンスター扱いよ。
「すみません、すみません」って頭を下げ続けなきゃ診察してもらえない、薬ももらえないなんて、江戸時代かっ!って言いたくなるね〜
sally
2013/10/19 01:29
sallyさん、コメントありがとうございます。

医療側はまず、病人が良くなることを最優先して考えて欲しいよね。
人手不足だからついつい観察を怠ったり、ケアがおろそかになりがちだけれど、小さな変化を見逃していると、結果としてスタッフはさらに忙しくなるのよ。
あちらは家族の心配を「過剰」と思っているのよね。
素人でも家族は本気だから、その「過剰な心配」が正しいことが多いと思う。
sallyさんでもモンスター扱いだったんだあ!!
お医者様も看護師さんも、それから介護士さんも、私達にとっては雲の上の存在なんだな、、、。
ふーみんの姉
2013/10/19 08:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
10月8日(火)から10月14日(月) 血痰 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる