遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 10月1日(火)から10月7日(月) 診断つかず

<<   作成日時 : 2013/10/08 12:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

入室すると、タンクトップとミニスカートか短パンに着替えて、エプロンをかぶり、さらにその上からビニールガウンを着る。
カーテンで閉め切られているベッド回りをぐるぐる回りながら、口腔ケアやリハビリをする。
熱中症が心配なので水分補給をしながら。
しかし、トイレに行く為にはビニールガウンを脱がなくてはならないので、(病院の物は一日1枚しか使えない)限界まで我慢する。
どうしても2・3時間はミニサウナ状態になってしまう。
もう少し部屋に滞在する必要があるので、同じガウンをネットで注文した。

10月7日(月)
また皮膚科の診察があり、先生が、『どうも疥癬ではないようだ』とおっしゃったらしい。膿痂疹(のうかしん)、毛嚢炎(もうのうえん)との名前がまた出た。確かに胸や腕の湿疹?は以前のぼつぼつに似ているのだが、指の間にはできていない。疥癬では結構典型的なパターンなのだが。
とは言え、疥癬の恐れも依然としてある。2010年の時は、別の皮膚科医が自信満々に『ふーみんさんのように体が大きく汗かきの人はもうのう炎』、と言い切ったのだから。

ぼつぼつも横ばい状態なので、スクロメトロール投与が二週目に入った。

また、右脚に関しては血行不良のせいと言われたようだ。
何かで長時間圧迫しなかったか?などとナースに質問をされたらしいが、姉にも心当たりがない。
右側臥位にした時に右に傾き過ぎたのか?とも考えたが、膝から足首数センチ近くまでずっと中心部分にできている。それが、部分的にふくらはぎにまで及んできている。側臥位にして着地するところではない。
疥癬の疑いはほんとうにないのか?



酸素吸入 約1リットル


10月1日(火)

入浴中。10分ほどで戻った。
ナースは酸素チューブをつなぐと、吸引をせずにMさんのケアに入る。
この人はとにかく自分のことしか頭にないので、また切れないようナースも焦っているのだろう。

15分経過してふーみんのところに。
右脚のぼつぼつにエルタシンを塗りバンデージ。左脚にもできている。
上半身は胸・肩・腹部にも。この様子では全身に回っているだろう。
吸引をして経管栄養開始。

排泄チェック表をみると、昨日、姉が早く(16時半)帰った夕食後から深夜2時までオムツ替えがされていない。○はついていない。?マークだけ。
昼のオムツ替えが13時頃。13時間も濡れたオムツのままだった?ぎょえ〜!
Mさんは少なくとも1時間に1回は替えてもらっているのに。



10月2日(水)

ぼつぼつがどんどん濃く赤くなっている

Hナースが、別の病棟にも疥癬に罹った人が一人二人いると話す。でもその人とは別のお風呂らしいのでそこから感染したとは考えにくいとも。

Mさんに主治医の診察がある。
同じ先生なのだが、ふーみんの場合とはうってかわって丁寧。心配性のMさんの話をじっくりと聞いている様子が、カーテン越しに伝わってくる。
やはり患者本人の訴えは威力があるのだと思う。
それともふーみんの姉が避けられているだけなのかも知れない。



10月3日 (木)

14時に入室。
白湯の管がついたまま。遅くとも12時頃の経管なのだが。
むせたようで首が右にかしいでいる。

15:40 
ワーカーが『遅くなりました』とオムツ交換と着替えに来る。
今のところ疑いなので入浴はいつも通り週2回だけ。それ以外は清拭をして、オイラックスを塗り、着替えだ。



10月4日(金)

入浴。16:20〜55分。
この間に体を洗われ、浴槽につけられ、オイラックスを塗られているよう。
戻ると、今回はMさんに邪魔されなかったのですぐ吸引。
脚のケアをし、夕食。



10月5日(土) 14:05〜18:00

リハビリ 30分
ギャッジアップ(最大)15分
爪刺激・血管マッサージ 45分
口腔ケア 
吸引 3回



10月6日(日)

起きているがぼやっとしている。

5:00 下剤ピコス10滴投与。

10:00 排便多量

16:00 
夕食時にいつもの下剤も投与。
大丈夫か?ピコスを入れて排便があった時は、夕食時の下剤は無しにしているのだが。気のせいか不機嫌な顔に見える。お腹が痛いのかも。

17:28〜38
夕食が終わり経管を外す時に匂う。日曜日で人手が足りないが、食事介助中のワーカー一人とナースが来てくれる。

17:40〜
オムツ替えが終わり、戻ってギャッジアップをしようとしたら、また匂ってきた。窓を開けてしばらくたっても匂いが消えない。また出てきてしまったのだ。
やはり、夕食時の下剤が多過ぎたのでは?
と言っても、すぐまたオムツ替えを頼める状況ではなく、夜勤のワーカーに、なるべく早めに交換して貰うように頼んで帰る。



10月7日(月)

14:00
起きている。やはり昼の経管がつながったまま。人手不足がさらにひどくなったようだ。
オムツ替えも10時が最終。かなり濡れているだろうが、まだ他の部屋が終わっていず、結局15:20分に回って来る。
清拭をしてオイラックスを塗って貰う。

鼻の頭にもにきびができた。

指先のコミュニケーションはうまくいった。

夜、元同僚のTさんが電話をくださる。
今はお見舞いを受けられる状態ではない事を話す。
残念だが、明日ふーみんに伝えよう。
知っている人の名前を出すだけで、小さな反応があるのだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時

毎日本当にお疲れさまです。
疥癬の薬が二週目に入ったのですね。
たしか母のときは一週間投与したあとは新しい丘疹は出て来なくなったような…
症状が混在しているのでしょうか…?
早く完治されることを祈っています!

病院は慢性的な人手不足ですね。
大きなミスが出ないか、毎日怖いです
(>_<)
オムツ交換、早くして欲しいですよね。

2013/10/08 21:15
風さん、いつもありがとうございます。

弟の症状は随分重いですよね。
新しいのはできてきてないようですが、前のも相当残っているので。
本当に疥癬か、もうのう炎関係か。
それともおっしゃるように症状が混在していることも考えられますね。
頭にも(これは確かにもうのう炎でしょう)前からできていますから。

慢性的な人手不足。
結局患者側の支払い額が少ないから、なのでしょうかねえ。
ふーみんの姉
2013/10/09 10:23
人手不足が原因だとは思うけど、やっぱり病院の人達ってマニュアル通りにしか動かないっていう気がするのよねぇ
今は10月だけど、今年は気温が高いから汗も多いだろうし、オムツ交換くらい考えてくれたらイイのにって思った。
人によって体格も体質も違うんだから、みんな同じケアで良いわけはないし、基本はふまえつつも状態を見ながら臨機応変にやるべきじゃない?
言われた事だけやって「義務は果たしてるんだから文句ないだろ?」的な態度をとられるとムカつくのよね〜
別件で、似た様な怒りを感じてる今日この頃のワタクシでした。
sally
2013/10/11 01:38
sallyさん、コメントありがとう。

うちの病院のスタッフは、とっても素朴でいい人が多いと思うんだけれど、訴える声の大きい人にばかり応えている気がするの。
それもその訴えに緊急性が無いのよね。(その人にとってはあるんだろうけれど)
結果、おとなしい・我慢強い人が割を食っているように思えてならない。
>「義務は果たしてるんだから文句ないだろ?」的な態度は割と無いんだけれど、全ての要求にこたえようとあたふたしているようでね。
>別件で、似た様な怒りを感じてる今日この頃のワタクシでした。
そうなんだ、、、。
sallyさん、たまにはを吹いてえ
ふーみんの姉
2013/10/11 09:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
10月1日(火)から10月7日(月) 診断つかず 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる