遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月29日から30日 手がずいぶん柔らかくなってきた & 腹臥位療法の指導

<<   作成日時 : 2011/04/30 22:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

酸素吸入1リットル


2011/04/29(金) 母13:15
体温36.5度


2011/04/30(土) 姉11:45
起きている。体温36.4度 心拍数はめちゃくちゃで140〜50台 酸素濃度は100〜99%
大人しくしている。
車椅子の散歩120分
リハビリ20分+20分+90分
口腔ケア
手浴  湿疹用の薬塗布

痰の吸引6時間20分間で4回(何回となくゴックンしそうでしない)

お腹・脚などの皮膚は皮がむけてきた。湿疹が治るしるしとの事。
手のひら、甲、指の股は、新しい赤いぽつぽつが増えている。

指示
 『右手の親指を上にして』◎
 『右手の中指  〃   』○
 『右手の小指  〃   』○
 
 『左手の     〃   』× 病んでいる方なので当然動かないのだが、微妙に動いているような気もする。


午前中、まだ、私が病院に着く前に、腹臥位療法の指導者、SAさんが来てくださったとのこと。
この前、作っておいてくださったマットの使い心地を確かめにみえた。
前回の腹臥位の時、看護師だけで試してみたが、頭と肩のマットが沈み込んでやりにくかった旨を連絡したら、もう一度指導に来てくださったらしい。

結果、マットの使い方に問題があったようだ。

今回は『ふーみん』はとても気持ち良さそうにしていたらしい。

忙しい看護師さん方だが、何とか成功させたいと言う気持ちは同じのようだ。
必死の思いで頼み込んだ腹臥位療法。
当初は『ふーみん』だけだった。そして同室の人達から同じ病棟の数人、さらに病院全体に浸透してきている。
     

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4月29日から30日 手がずいぶん柔らかくなってきた & 腹臥位療法の指導 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる