遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月24日 新しい病院で

<<   作成日時 : 2006/03/24 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/03/24(金)
介護タクシーで走ること10分程度でI病院へ到着。

それからが長かった。

ロビー(J病院とは比べ物にならない)で、他の外来患者と混じって、長時間待たされた。
ストレッチャーで顔をさらけ出されたまま、皆の好奇の視線を浴びながら。
到着時間は知らせてあるのだから、すぐ診察ができないのなら、控室はないのか。せめて帽子を持ってきてやればよかった。

30分後位に、主治医(副院長)の診察室に入った。
のっけから、怒っているような、詰問するような、口調だった。
一つ一つに答えているうちに、涙が出そうになった。
そして、『経鼻栄養がベストとは限らない。胃ろう栄養を考え中
との言葉を聞かされて、大部屋の病室へと開放された。

16:00 体温37.9度 血圧115−75

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3月24日 新しい病院で 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる