プラスマイナス?

2015年 4月 転院 数日後、以前の病院より一段と忙しいスタッフの現状を知り、唖然とする。 看護と介護のミスが頻繁。 『聞いていない』『相談員の話と実態が違う』事も明らかに。 転院早々途方に暮れる。 結局、病院側と何度も話合いの末、何とか着地点を見出したのは数カ月後だった。 総括 マイナス点 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続―気道食道分離手術の可能性

Oさんのご家族から手術の説明書を見せて頂いた。 手術はやはり声門閉鎖術だった。 以前ネットで見たときの写真によると、縫い合わせた部分が、Oさんの傷跡(ご家族から伺った)とは違う気がしていたので、別の術式と思っていたのだが。 説明文にしっかり書かれてあった。 手術は約1カ月前、ある耳鼻咽喉科医を他県から招いて、この病院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気道食道分離手術の可能性

この手術は、約10年前、発症後数カ月の弟が当時の主治医に打診されている。 胃ろうにしても一向に痰が減る気配もなく、肺炎を繰り返している中の話だったので、姉としてはだいぶ気持ちが傾いた。 脳卒中闘病患者同士の掲示板にも相談してみた。 答えてくださった方数名が、強くその手術を勧められた。 肺炎が命取りである事、手術によって失う“…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面談後

10月22日の6対1の面談を受ける形で、先日、担当相談員同席の上、看護部長との面談が行われた。 部長の、お互いに思っている事が溜まったままではいけませんので、と言うような意味の話で始まった。 ご心配をおかけして申し訳なかった。 これからは、確認に、確認、という形でやっていく。 今後の窓口として、師長か主任、または、私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

申し訳ないとは思います、、、

日本語ネイティブなら、まず間違いなくこの違いをキャッチできるだろう。 『と思います』と『とは思います』 先週の面談、6対1。 申し訳ありませんが、この続きは以下をご覧ください。 http://secret.ameba.jp/torotororin57/amemberentry-12088260758.ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

端座位練習

朝早くからのリハビリに間に合うように、週に1度か2度は、7時過ぎに家を出る。 自費リハビリになってから、午前中に行われる事が多くなり、家事も何もかもほっぽって。 体がきつくても、やって貰えるのだから、と老体?に鞭打つ日々。 でも、先日はその頑張りへのご褒美だったか。 車椅子に乗せられないのなら、せめて座位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かみあわない

数日前の嘔吐とそれに続く痙攣について説明を受けようと、主治医に面談を申し込んだ。 9月15日(火)の嘔吐の原因は? いつ・どんな状況で吐いたのか、どのくらい続いたのか、を知りたかったのだ。 朝の当番の看護師しか詳しい事を知らないようだ。 どの人だか教えてくれそうもない。 幸い、ドレーンに排出された物は偶然見ることが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月15日(火)、16日(水)

15日(火) 12時過ぎ入室 すぐ、余り具合が良さそうでない、と感じた。 真っ赤な顔  酸素吸入2㍑ 体温36.7度 酸素飽和度96% 心拍数80台(スポーツ心臓なので、普段は50台、速くても60台前半) 濃い黄色(山吹色)の液体が入ったドレーンが隅に置いてある。 痰の色は、自動痰吸引装置に排出された分は、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルブミン値が上がらない

前の病院にいる時から、たんぱく質が足りないのに、コレステロール・中性脂肪が多いと言われていた。 さらに、低血糖の症状が突然出てきたので、一日の総エネルギーを1000から1200カロリーに増量した。 このあたりで、転院。 その時点では、目立つほどお腹が大きくはなかったように思う。 この病院に来てから、カロリーは一気に800…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自動痰吸引装置は全国に300台しかないと言う

にわかには信じがたいのだが。 近頃よくお会いする家族さんから聞いた話。 痰の自動吸引装置は、全国でも300台しかなくて、そのうちの100台をここで占めていると言う。 ネットで話題になっていると。 本当かな? 以前の療養病院でも、一つのフロアに最低1台、合計で最低5台。 それでもう105台。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リハビリ打ち切り

部屋を移動して少したった7月の末。 長く入院している人達中心に病院からリハビリに関する通知が続々と届き始めた。 「、、、これまで当院では、リハビリテーションを継続することにより、患者様の状態の改善や機能の維持が期待できるとの判断で、標準的算定日数を超えた場合でもリハビリテーションの実施を継続して参りました。 しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱中症か脳梗塞かも知れない

少し前、熱帯夜が続いた時の事。 なかなか寝付かれないでいたら、息苦しくなり、頭痛がしてきた。 どうも人と一緒の部屋では眠れない性質なので、(それが家族でも)、 2階の自分の部屋で、窓を全開にして扇風機をぶんぶん回していた。 エアコン、掃除していないからね、稼働させたらカビが出てくるかも知れないから 。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた心配の種が、、、。

心配、と言っても姉が気に掛けているだけだけれど。 看護師は、『熱も出ないし大丈夫よ』としか言わないけれど。 ここのところ、自動吸引装置に溜まっている痰の色が、今までにないクリーム色になっている。 吸引して貰って出てくる色は、気管・口腔ともに白っぽいのだが。 装置の方が奥深くに入っていると言う事か? 確かにここでは、ほとんど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月22日(水)-部屋の移動に伴って、出てくる、出てくる、、、。

差額ベッド代が掛かる部屋から無料の部屋へと移動になった。 『1,2カ月で移動できるでしょう』と相談員に言われていたが、待たされること4か月。 さて、新しい部屋に移って、出てくる、出てくる。 抗痙攣薬テグレトールを始めてから、痙攣が止まると共に、なぜか便秘が治った。 喜んでいたら、実は下痢だったこと。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月28日(日)-人工呼吸器装着患者の受け入れ

同じ病棟の患者さんの奥様。 主治医の先生に絶大な信頼を寄せている。 以前の急性期の病院(ここは姉も知っているが相当評判が悪い)から、頻繁に退院を促されていた。 だが人工呼吸器装着の上、60代の若さ?なので、受け入れる病院が本当に数少ない。 関東の病院を必死で探してやっとここに落ち着いた。 ここで、ほとんどすぐと言っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more