遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 12月7日(日)〜12月26日(金) 酸っぱい匂い

<<   作成日時 : 2014/12/27 13:37   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

排泄の話です、、、。


ここ1カ月位だろうか?
便の匂いが非常にキツイ。
臭い!臭い!臭い!

今までなら、臭い事は臭いけれど、どことなく香ばしい感じもあって。
出ないより良いし、まして家族のものだから、まあ我慢できていたのだ。

それが最近は耐えがたい臭いになってきた。
排便してもすぐにはオムツ交換してくれないから、その匂いはずっと布団の中に閉じ込められたまま。
布団をめくらなくとも匂ってくる。
ベッドサイドで片付けやら、整容やら、手指の運動などをやっていると猛烈な臭いに鼻がしびれそう。


酸素吸入2リットル
12月21日(日)
今日の便もひどく臭い上にいつもと違う。
何と言うか、酸っぱい
主任ナースも、
『確かにいつもと違う』『子供が下痢を起こした時のよう』『ずっと続くようなら心配だから、注意しておく』と。


12月22日(月)
入室すると何か変。
苦しそう。
SPO2測れず。
寒いのか。
手足の末端が冷たく、唇は紫。

『お腹痛い?』と聞くと指を動かす。

唇のピクツキがいつもより大きい。
右腕もやや痙攣ぎみ。

腹臥位を中止にして貰い、両手をバスタオル越しにホッカイロで温める。

『一人で苦しかったんだね。お姉ちゃんが来て良かった?』と聞くと、強く何度も何度も姉の手を握る。

主任ナースが『脚がまだらチアノーゼ』と言う。
顔もきれいな肌色ではなく、赤黒い、と言う姉の言葉にうなづく。
他のナースも『痰がすごく汚い』と。

16:00
食事をゆっくりとスタートして貰う。
だんだん痰が多くなり、体温も上がって来る。

19:00 
夜勤ナースの見回り 
体温38.2度  SPO2 97%(酸素供給2リットル) 脈拍80(通常50代後半から60) 血圧126−77
ああ、また肺炎だろう。
アイスノンをしてもらい、ヒエピタをおでこに貼る。

19:30 
また便の臭い。今度は酸っぱくない。いつもの臭い。だが臭い。


12月23日(火)
14:30
熱は36度台に下がっている。
口腔ケア中に喉の奥付近に出血あり。
たぶん血痰だろう。
やはり肺炎が疑われるが、今日は祭日で担当医がいない。

15:00 
夕食前の薬投与。
下剤は抜かれていた。
ナースが『出過ぎてシーツを汚すので』。
おや、本人が痛いと言っているから止めてくれたのではないの?
2日前にピコス(ラキソ)8滴入れた上に、毎食前に通常の下剤を入れられ、ここのところ一日2回の排便だもの。
胃や腸に悪影響はないのか?

15:40
吸引時の痰は白くなっていた。


12月24日(水)
バイタル正常値で車椅子に乗せる。
痰も通常通り出たという。


12月25日(木)
腹臥位療法。
咽て唇を噛み出血。
口腔ケア・リハ等の時に、時々右腕ががくっとなる。
左腕は硬い。


12月26日(金)
入浴の為か、疲れている感じ。
『車椅子止めにする?』と聞いても返事が無いので体を起こすために乗せてもらう。

18:00 
排便 またものすごい臭い。
オムツ交換時のワーカーに、最近便がひどく臭くなった、酸っぱい臭いの時もある、と話すと、『確かにそうですね』と言う。
ただ、見た目は変化無しのよう。
何となく緑色を連想させるような臭いなのだけれど。
青臭い、と言うか。

下剤が多過ぎて内臓が参っているように感じる。
もちろん、弟の便秘は非常に頑固なので出さないわけにはいかないのだが。
何か他の方法はないか?
経管栄養をハイネゼリーに替えたら便が出るようになったと言う話や、メイバランスでなくエンシュアは便が下痢気味になると聞くけれど。
或いは便秘に効果があると言う腹臥位療法をもっと増やすとか。(スタッフには週2回以上頼めないので家族だけでやる許可を貰うと言う意味。)
看護師長や担当医に相談してみるか?
また素人が!と嫌がられるのはわかっているけれど。

それに肺炎。
今は発症していないだけ。
用心が必要な微妙なところかも知れない。

年末年始はいつも調子良くないので気になっている。
原因の一つはたぶん寒さ。
そして二つ目は、スタッフ不足と見ているのだけれど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、ブログ及びHPを拝見させていただきました。

実は、私の妻も左被核出血を患いました。同じ県内の方と知り思う事がありましたのでコメントをさせていただきます。

発症より一ヶ月となりますが、弟さんの症状と妻の症状がだぶって見えます、何度か生命の危機もありました。
ブログ・HPを拝見し勇気と力を頂きました、妻を支え妻に支えられて今後を歩みたいと強く思っています。
上手く言葉で表す事が出来ませんが、ありがとうございました。

弟さんの、回復をお祈りしております。


まゆパパ
2015/03/13 12:58
まゆパパ様
はじめまして。
ご訪問、コメントありがとうございます。

発症より一カ月、大変な時ですね。
お察しします。
奥様の今の詳しい状況がわかりませんので、一般的な事しか言えませんが、スタッフの指導のもとに、話しかけやリハビリ等をできるだけして差し上げてくださいね。
素人でも家族が関わった分だけ、病人は良い方向に向かっていくと信じています。

なお、このブログはなかなか更新できないでいるのですが、こちらの方はもう少し動きがありますので、よろしければこちらにもどうぞ。
http://ameblo.jp/torotororin57/

これからもよろしくお願いいたします。

奥様の回復を心からお祈り申し上げます。
ふーみんの姉
2015/03/14 06:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
12月7日(日)〜12月26日(金) 酸っぱい匂い 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる