遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 8月18日(日)から8月31日(土) 久々の発熱

<<   作成日時 : 2013/09/04 13:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

酸素吸入 約1リットル


8月18日(日)
16時前、病室に入ると咽ている。経管はすごい勢いで落ちている。


16:15 体温35.7度 SPO2 94〜96% 脈拍55 室温25度 湿度51.5% 

リハビリ 約30分
ギャッジアップ 10分
口腔ケア
吸引8回

*19:00 顔が赤く熱っぽいが体温は36度。

*このころから同室のMさんの咳こみが増えてきた。一時減っていたようだったが。痰がらみなので気になる。



8月19日(月)

体温 36.2度 酸素飽和度90〜91% 脈拍68 室温25度 湿度59%
体重測定 57.2キログラム 先月より増えた。頬はむしろこけているように見えるのだが。

車椅子の散歩 30分
腹臥位療法(蒸しタオル2枚) 30分 − 10分後酸素を入れる。
リハビリ 約30分
ギャッジアップ 10分
口腔ケア
吸引8回

ST−キャラメルをやわらかくし、ガーゼに包んでひもで縛り、口に入れてやった。さすが口の中に入れられると反応が違う。
それにこのキャラメルはバニラ味で、倒れるまで毎週のように食べていたソフトクリームを思い出すのかも知れない。
噛み噛みゴックンをする。

コミュニケーションー全部の指を指示に従って動かした。

時々くしゃみをして痰が出る。
ヒューっと体を動かす。
吸引の後もすぐ痰が出る。

帰り際、顔が赤いのでヒエピタを額に貼る。



8月20日(火)

半分起きている。
14:00
体温36.3度 SPO2 89〜94% 脈拍 59〜60 

車椅子の散歩 60分
口腔ケア
リハビリ 25分
血管マッサージ 35分
吸引5回

音楽 小柳ゆき

疲れたように見える



8月21日(水)

眠っている。
体温36.4度 Spo2 91〜94% 脈拍54〜59

車椅子の散歩60分
16:00 体温36度
吸引 2回 


8月22日(木)

入室するとアイスノンをしていた。
午後から38.4度の熱が出たという。
Spo2は96%。痰が多い。
抗生物質を5日間投与するとのこと。
車椅子・リハビリ・STもお休みにする。

14:25
 体温37.1度 Spo2 90〜92% 室温24.9度 湿度60.5度

15:35
 体温37.4度 Spo2 89〜93% 吸引 → 98%

16:40
 体温37.7度 Spo2 98% 

18:20
 体温37.5度 Spo2 96% 脈拍85 室温25度 湿度60%

アイスノン交換

口腔ケア
マッサージ 45分
吸引5回



8月23日(金)

眠っていたが、数分して起きた。熱が下がったようでアイスノンはない。
入浴も済んでいた。(体温37度以下という事。)

14:00
 体温36.1度 Spo2 83〜89% 吸引 → 94% 脈拍69 室温25.1度 湿度61.5度

14:07 
 体温36.6度 Spo2 95% 脈拍69

18:30
 体温37度 Spo2 91〜93% 脈拍72〜74 室温25度 湿度64.8%

看護師長『熱は下がった』
Oナース『微熱が続いていて肺炎と言う事もある』

左ほほから首・喉に掛けて赤くなっている。じんましん?剃刀負け?

左目の物もらいがまた出てきた。

ST(MA先生)中止。
車椅子・リハビリ中止。
マッサージ 45分
口腔ケア
吸引5回

主治医の先生のお話を聞きたいとナース・師長経由で申し込む。
夕方見えた先生、
『我々でも風邪をひく事がある。まして寝たきりなのです。
気管カニューレ交換の時も痰が多かったですよ。
365日、24時間注意していきましょう。いちいち心配しない!』と、たたみかけるようにおっしゃると、こちらに一言も話をさせず出て行かれた。
その間、1分?2分?
たぶん、もっと重症の患者さんの診察で追われていらっしゃるのだろう。
こんな些細な事で、先生の貴重な時間を頂いて申し訳ないとは思う。
しかし、弟も、今回のことだけでなく、少し前に血圧が上がって降圧剤を再開している。
それに、半年、いやもっと長く先生との面談がなされていない。
5分でも、お話をさせて頂きたかったのだが、、、。



8月24日(土)

体温36.6度 Spo2 95% 脈拍63 室温24.5度 湿度63%

そろそろ車椅子に乗せても良いかと担当ナースに尋ねるが、『ギャッジアップをすればSpo2は上がるし』と言うので、今週は起こすのを止める。

ギャッジアップ 15分
リハビリ 20分
口腔ケア(ナース・姉)
マッサージ 45分
吸引5回

左唇の内側に口内炎のようなものができている。今回の熱と関係あるか?



8月25日(日)

眠っていたがすぐ起きた。

14:00
体温36度 Spo2 93〜95% 脈拍59 室温24.2度 湿度60%

16:00
体温36.7度 Spo2 95〜96% 脈拍59 室温24.5度 湿度62・5%

ギャッジアップ計8分 
リハビリ30分
口腔ケア
マッサージ5分
吸引2回



8月26日(月)

半分うとうとしている。

午前中 
体温36.5度 Spo2 97% 

14:10
体温36.3度 Spo2 91〜93% 脈拍61 室温24.5度 湿度53%

車椅子の散歩 約40分
腹臥位療法(蒸しタオル1枚) 30分 Spo2 90〜96%(酸素無)
血管マッサージ 23分
口腔ケア
リハビリ 20分
吸引6回


8月27日(火)

車椅子の散歩 60分
リハビリ 22分
ギャッジアップ 10分
血管マッサージ 32分
吸引4回

夕方アイスノンをしてもらう。



8月28日(水)

少し熱っぽい(体温36.5度)のでアイスノンをしてもらう。

車椅子の散歩 60分
吸引 2回
音楽 野口五郎



8月29日(木)

車椅子の散歩 50分
リハビリ 約20分
腹臥位療法 30分
ギャッジアップ10分
口腔ケア
吸引 6回



8月30日(金)

ST(MA先生)
溜まっている唾を頬の刺激により、ゴックンさせてもらう。
口腔内刺激―頬を内側に『食べている時のように』動かす。それとアイス棒刺激でゴックンをした。
姉は発熱以来STを控えている。

口腔ケア
リハビリ 計28分
血管マッサージ 50分
ギャッジアップ 15分
吸引 5回



8月31日(土)

入室すると未使用のオムツがベッドわきに落ちている。
でも床に落ちた物は使えないので捨てて貰ったが、こんなことでもうるさい患者・家族さんだと、『自分のオムツを無駄にされた』と言うのではないか?
ウチは決してうるさい(○ン○ター)家族ではないと思う。
使用済みのオムツが置き忘れていることも何度かあったが。
ひげそりがやってなくても、爪切りをしてもらえなくても、病人の命にかかわらないので、『ああ、いいですよ』と軽く流している。
なのに、なんとなく冷たい空気を感じるのは思いすごしか?

車椅子の散歩 60分
リハビリ 27分
ギャッジアップ 10分
血管マッサージ 55分
口腔ケア
吸引 3回

今日は比較的元気。だが指は余り動かしてくれない。
相変わらずものもらいが治らない。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ふーみんさん、熱が下がって良かったですね!
肺炎だったんでしょうか?
医師ももう少し言い方があると思いますね。
いちいち…ってひどい(>_<)
寝たきりなのだから心配は人一倍ですよね。
ちょっとのことでも急変につながることが多いんですから。

うちもなるべくワーカーさんの手を煩わせないようにしているのに、何だかたまにしか来ないご家族の方に愛想がいいです(-"-;)
何ででしょうかね?

2013/09/04 21:25
風さん、お忙しいところありがとうございます。

SPO2は変わらなかったので、肺炎まではいかなかったかも知れません。風邪が移ったのかも。
でも、そこが一番気になっているわけで、いちいち、、、には傷つきましたよ。

毎日行っているのに慣れてしまって、当たり前になっているのかも。
悪気はないのかも知れないですが。
とにかくいろいろな意味で疲れています。
ふーみんの姉
2013/09/05 08:11
おはようございます。

医療従事者には、言葉の使い方に気遣いをみせてほしいと思います
家族は、いろいろと心配事があるのですから、よけいに疲れてしまいますよね。
ベル
2013/09/07 07:45
ベルさん、コメントありがとうございます。

医療スタッフの忙しさは半端ではないのはわかっているのですけれどね、、、。
なんか、がっくりきました。
でも、まいってばかりではいられません。
これから宇都宮に出かけます。
ふーみんの姉
2013/09/08 06:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
8月18日(日)から8月31日(土) 久々の発熱 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる