遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 8月1日(木)から8月17日(土) 部屋割りと遷延性意識障害者

<<   作成日時 : 2013/08/18 12:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

病室の部屋割りは、病人の状態や治療のやりやすさを最優先にして決められているものだと思う。
状態の悪い人・常時観察が必要な人がナースステーションの近くに。
元気な人、声が出せる人は、離れた部屋に、が原則だろう。

ふーみんの部屋はナースステーションから2番目の部屋。
気管切開で酸素吸入が必要とは言え、バイタルのモニターはついていないし、他のお二人も似たようなので妥当だと考える。

が、例外が残りの一人。
やたら元気なこのMさん、始めは一番奥の部屋にいた。
車椅子使用だが、同じように話もできご飯も食べられる人たちと共に。
それがなぜか、すぐ部屋を移動し(追い出され)、あちこちを行脚し、最終的に落ち着いたのが、ふーみんのいる部屋。

すこぶる元気で、食欲旺盛―(病院の食事とおやつは完食。さらに食べられない3人の前で、おやつをバリバリぽりぽり。)
人使いが荒くて、ナースコールが超頻繁。
テレビも信じられないくらいの大音量。

最近、この部屋に入ってきたSさんは、1週間で『静かなところがいい』と移って行った。

Mさんは、整理整頓好きで、毎日一定の時間になると、ロッカーをガタガタ片づけ始める。
その音もそうとう耳触りだが、その時に閉まってしまう入口のドアを、しらんぷりで、外に出て行く。
そのドアを開けるのはいつもふーみんの姉。
たいてい、口腔ケアか関節可動域訓練の最中なので、いつも少しムッとしながら、それでも黙って開けていた。

ところが、よく考えてみたら、姉がいない時は閉めきりにされたままなのだ。
室内が急に息苦しくなるし、酸素マスクが外れたり、咽たりのアクシデントが起こっても誰にもわからない。
それで、先日、『申し訳ないけれど、姉がいない時は、ご自分でできないのなら、誰かに開けて貰ってください』と頼みかけたら切れた。
『一度言えばわかりますよ』と、(一度目の話の途中なのに)遮られた。

それに、一度でわかると言うけれど、、、。
Mさんは、決まりきった夕食の時間も、薬の時間も、『今日は何時?』と何カ月も聞き続けている。
介護士と看護師の違いも何度聞いても理解しない。
さらにスタッフの名前も、当然同室家族の名前も覚えない。他人に関心がないので、覚える気がないのかも知れないが。
それでも名前など自然に耳に入ってきて、努力しなくても数カ月のうちには覚えてしまうだろうに。
もしかしたら、認知症の始まりかも知れない。


ともあれ、この件をある若いスタッフに話したら、姉にぱちんぱちんとウインクをするだけ。
『Mさんに何か言うと切れると困るから、我慢してください』という意味か?
もうすでに相当我慢しているのだけれど。
それに、どうしていつもこっちにばかり我慢を押しつけるのか?
ナースは、『(ドアの件は)何とか考えましょう』との答えだが、果たしてどうなるか。

わがまま邦題で、自己主張ばかりなのに、注意をされると、すぐ切れる。
そんな問題児は、なぜか、遷延性意識障害患者の部屋に送られてくる。
Mさんは以前スタッフと言い争いをした後、『脚が動かないから馬鹿にしている』とその人の背中に毒づいていたが、まさに、その言葉をこちらも返したい。
自己主張のできない遷延性意識障害者だから馬鹿にしているのか?
少なくとも軽く見ている事は間違いない。
現に、かつてさんざんふーみんの姉を悩ました悪童新之助は、今別の病棟にいるが、同室の人はやはり静かな(!)人ばかりだそうだ。



酸素吸入 約1リットル


8月2日(金)

*ST(MA先生)20弱
始めても舌が緊張していて、上の歯に張り付いている
ゴックンもなかなか出ないし、本当に衰えてしまった。

*しばらくぶりで自然排便
昨日の腹臥位の効果か?
姉がいる時で良かった。でなければいくら便が出ていても、定時のオムツ替えまで2時間近く待たされるところだった。


8月3日(土)

*ST (姉)スイカ。ノドヌール綿棒に液をしみこませて口に入れてみた。


8月4日(日)

*17:00過ぎ、顔が赤く、いつもより体温が高い。
だが、アイスノンを頼む程ではないように思えたので、両手を掛け物から出しておくだけにする。

*コミュニケーションばっちり。親指・中指・小指を動かした。


8月5日(月)

*眠っていたが、すぐ起きた。

*腹臥位療法、順調。


8月6日(火)

*午前中、『引いても痰が上がって来なかった』とナース。
18:30 たくさん引けた。


8月8日(木)

手が冷たい

*吸引 ―やや汚い痰が多量に引ける。

*ST(姉)―なかなかゴックン、噛み噛みしない
飴(ミカン味)を口に入れても反応なしなので、指で舌刺激を続けたらようやく噛み噛みした。

*Hナース 『体温36.7度あり、ふーみんさんにしては高いのでアイスノンをしますか?』と聞いてくれる。
このナースは新人だがとてもよく診てくれる。担当の時は頻繁にバイタルを測りに来てくれる。


8月9日(金)

*体がだいぶ下がっている。体位交換の時に上にあげなかったか?

*ST(MA先生)―頬の刺激だけではなかなかゴックンしない。
先生持参のポップキャンディを袋から出し電気スタンドの光に当てた。
匂いを嗅がせたり、目の前でくるくる動かしたりしているうちにやっと1回ゴックンした。


8月10日(土)

*Yナース『午後吸引したら、たくさん薄緑の痰が出た

*眠っていたが、ベッドのギャッジをあげたら起きた。

*ST(姉)−時間をかけて体のリハをしてから保冷剤、桃、梅干で刺激した。反応良好


8月11日(日)

*真っ赤な顔。手足にバスタオルが巻いてある。

*口腔内吸引の時、『チュパ、チュパ、チュパ』と音を立てたので大笑いする。
時々、チューブを吸うのだ。


8月12日(月)

*Oナース吸引時、静かに、多量に引けた
このナースは全てにゆっくり。吸引は丁寧でふーみんもあまり苦しまない。

*夕食前の薬がなかなかチューブに入って行かない。固まってしまう。
最近新しくしたばかりなのだが、ナースが奮闘する。


8月15日(木)

*腹臥位時、ごろごろと音がし、排便が始まった。
だが、途中で戻すこともままならず、30分そのまま。
5時にピコス8滴。10時に多量の水溶便。そして腹臥位のあとまた多量の水溶便。

時々くしゃみをして痰が出る
ヒューっと体を動かす。
吸引の後もすぐ痰が出る


8月16日(金)

*起きているが、頭が低く、ぐったりしている。頭をあげたら元気になった。
PTに作って貰ったポジショニングの注意が壁に貼ってあるのに。


8月17日(土)

*ST(姉)―飴(カルピス味)を口の中に入れても全然動かさない。
スプーンと指で舌刺激を沢山してからようやく動かす。
勿論飴を入れる前に頬のタッピング等もしているのだが。
本当に反応が鈍くなった

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは

いろいろな困った人がおりますね

うちは、同室の患者さんの奥さんがイヤホンなしでTVを観せます。
音量を小さくする配慮もなしです。
面会人が大きな声で笑ったりしゃっべても挨拶なしです。
きっと、夫が何も言えない状態だからだと思うと腹がたきます

ベル
2013/08/19 20:54
ベルさん、コメントありがとうございます。

困ったチャンは、どこの病院にもいるのですね。
腹がたつのは、病院側がそういう人達を、文句を言えない患者の部屋へ送り込む事です。

ベルさん、ご主人のご様子はいかがでしょうか?
また聞かせてくださいね。

ふーみんの姉
2013/08/19 22:38
暑い中いつもお疲れ様です。

患者の配置に疑問を抱く事が多いです。
全介助、医療依存度が高く
ナースステーションから遠い。


賑やかな方は良い方に捉え
無音よりはいいかと考えるように
なりました。

ペンギン
2013/08/20 23:52

お疲れさまです。

母の病院ではドアは固定バンドで固定されて、常に開いてます。
個室や二人部屋もです。(代わりに入口にカーテンがあります)

ドアが閉まってしまうと、何かあったとき対応できないですよね‥
母も隣の患者さんもよく嘔吐するので、スタッフさんは廊下を通るとき必ず覗いて行きます。
最も、隣の患者さんの方がメインみたいですけど(>_<)

確かに部屋割りって意識障害の患者さんはガマンしろっていう感じがありますよね〜
うちはMRSA保菌者なので、そういう患者さんと、あとは感染に負けない元気な患者さん混在です。
(元気な患者さん?て言うのも変ですがf^_^;)

2013/08/20 23:54
ペンギンさん、コメントありがとうございます。

賑やか、と言うよりも、ウルサイです。
こちらの頭が痛くなります。
前の新之助の時よりましですが。
病人の刺激になる?と思うことにしましょうかねえ

ふーみんの姉
2013/08/21 07:24
風さん、コメントありがとうございます。

病院側がドアの固定をすべきですよね。
たぶん、おむつ替えとの時、固定していると外すのが面倒でそのままなんでしょう。
頻繁に酸素マスクを外すもいるのに余り気にしていないようですよ

弟がMRSAだった時、転院先の病院は、『ウチは隔離はしません』との事で同室でした。
そこは男女同室でもありました。
ふーみんの姉
2013/08/21 07:33
どこの病院でもフツーは、病状の似た患者さんが同室になる様にしてると思うんだけどなぁ。
「問題児」は「静かな人」の部屋に押し付けるっていう病院の姿勢、ちょっとムカつくね!
sally
2013/08/25 01:17
sallyさん、コメントありがとうございます。

だいたいが、症状の似た人達が同室になっているようだけれど、例外もまた多くて。
ムカつくけれど、じっと我慢の子でいて、困ったチャンが自爆するのを待っている私。
性格悪くなってしまったわ〜
ふーみんの姉
2013/08/25 09:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
8月1日(木)から8月17日(土) 部屋割りと遷延性意識障害者 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる