遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 12月24日(月)から12月31日(月) 面会制限

<<   作成日時 : 2013/01/01 11:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

他の病棟でインフルエンザが猛威をふるっているらしい。

看護師長に、面会時間を守るように、短時間で帰るようにと注意をされた。
どうやら、前の師長から得ていた許可(1時間早く入室して良い)は反故にされそうだ。

『(面会時間の事は)皆さんにお願いしていますから』と師長は言う。
だが、この3日間、規則通りの時間に入室すると、既に受付簿には20人もの名前が書いてある。

それに車椅子。
数日前、医療相談室経由で、年末年始の数日間は車椅子を貸して欲しいと言われた。
こちらもその期間はスタッフの数が少なくて、移乗を頼むのが心苦しいから車椅子はお休みにするつもりだった。
ところが、その貸して欲しいという日々、しっかりといつもの場所にいつもの車椅子が置いてある。


他の意図があるのかもと疑ってしまう。

なぜなら、最近、何となくスタッフの雰囲気が以前と違うように感じるから。
挨拶も話しかけもあまりないし、どことなくよそよそしい。

いろいろな制限をつけて、この病院での居心地を悪くしようとしている?
転院か在宅を考えるように仕向けている?

転院時の面接では、ここでの入院期間は約1年だと聞いた。
それ以上になる場合は、差額ベッド代が掛かる別の病棟へ移ってもらう、とも言われたのだ。
けれど、すでにこの医療病床で5年半になる。
医療への依存度が高いから長くいられるように主治医が取りはからってくれているのだと思う。
が、ナースやヘルパーにしてみれば、毎日病室に長時間いられ、吸引やら車椅子移乗だのと用を頼まれるし、見張られているような気がしてうざったいのだろう。

もちろんこちらも考えてはいる。

不満もたくさんあるのだから。

しかしここには、週2日の腹臥位療法、週5・6日の車椅子、リハビリ・口腔ケアなどをかなり自由にやれる、自宅から1時間の近距離、そして、低コストの入院費、などのメリットがある。

新しい病院では、また一から交渉しなければならない。
在宅なら、全て自分がやらなくてはならない。

それらを考えるといまいち踏み切れないのだが、しかし、同時にデメリットも数え上げられる。

酸素の付け忘れに代表されるように、真剣さが足りない事。
便秘や痰の排出などの治療が常に対症療法である。
家族に吸引させてくれないのになかなかナースが来ない。
プロのリハビリが少ない。
ポジショニングが雑。
エトセトラ、エトセトラ。

潮時はとっくに来ているのかもしれない。

2013年。

できたら、転院したい。
本当なら家に引き取りたいのだ。
初夢でなく、実現するように努力していきたい。



酸素吸入 約1リットル


12月24日(月)17:16〜19:03

起きている。静か。
体温 36.1度 酸素飽和度93〜95% 脈拍58 室温23度 湿度22%

リハビリ 20分
口腔ケア
足指開口 60分
吸引1回



12月25(火)13:00〜19:30頃

口を開けて眠っているがすぐ起きる。入浴。
体温35.6度 酸素飽和度 92〜94% 室温23度 湿度37%

車椅子の散歩 約65分
酸素停止時間 計65分
リハビリ 計32分

足指開口 180分
ST マッサージ・保冷剤のタッピング → 痰排出 → ケーキの生クリーム ○
爪刺激・血管マッサージ 約30分
口腔ケア
吸引 5回

コミュニケーション・・・
『チョキ』○『手すりをつかむ』○ 親指を立てる △ 小指を立てる △
『宝くじを買おうか?』反応なし 

退出しようとすると咽る。なかなか痰が出せないで眠れない様子。



12月26日 (水) 12:32〜16:00

半起き。
体温35.4度 酸素飽和度94% 脈拍51〜52

ナースのひげそり・口腔ケア
車椅子の散歩 60分
酸素停止時間 60分
リハビリ 25分
吸引3回
摘便 マイナス



12月27日(木)13:00〜18:56

起きていたが(姉の顔を見たら?)すやすやと眠ってしまった。
体温 35.9度 酸素飽和度83〜87% → 吸引 94% 脈拍62 室温23.8度 湿度24%

車椅子の散歩 55分
腹臥位療法(+蒸しタオル2枚) 30分
酸素停止時間 計85分
リハビリ 計27分
爪刺激・血管マッサージ(+ワセリン) 25分

***
口腔ケア・・・
口の中から出血。歯周病と唇を噛んだためらしい。
唇には血豆ができている。
『余り頻繁に噛むようだと、最悪歯を抜いたり削ったりしなければならない』ナース談。

吸引 5回
下剤と摘便 → マイナス
足指開口 180分

***
顔がほてっている上に体温がいつもより高め(36.2度)。
布団が上まで掛かっているし、エアコンが暑い。 



12月28日(金)
12:28〜16:00

半起き。
体温 36.1度 酸素飽和度 93% 脈拍50 

車椅子の散歩 42分
酸素停止時間 45分
リハビリ 計25分 
ST(NO先生)・・・ガム+ほうじ茶
排便 2:00 4多


15:50〜18:56

起きている。音楽鑑賞中。
体温36度 酸素飽和度93〜94% 脈拍56 室温24度 湿度30%

リハビリ 30分
口腔ケア
吸引 3回



12月29日(土)15:55〜16:06 16:58〜18:06

眠っていたが起きた。
体温36.4度 酸素飽和度95〜96% 脈拍54 室温25度 湿度34%

リハビリ 計15分
口腔ケア
吸引 2回

***
痰がごろごろしているのでタッピングをして白い痰を排出するが出切らない感じ。

***
部屋が暑い。顔は真っ赤。



12月30日(日)15:06〜15:40

起きている。
体温35度 酸素飽和度94〜96% 脈拍52 室温24.5度 湿度42%

リハビリ 30分
口腔ケア
ワセリン
吸引2回



12月31日 (月)14:00〜16:00 16:50〜17:24

起きている。
体温 35.2度 酸素飽和度94〜96% 脈拍66 室温24度 湿度41%

リハビリ 30分
口腔ケア
足指開口 130分
吸引2回

KUナース
『痰が多くて出しづらい感じ。午前中酸素飽和度が80%を割った。
吸引すると96%位になる。顔色が悪く唇の色が紫だった』と聞いてショック。

50代の男性が痰を詰まらせて亡くなったのがよみがえる。

痰が硬すぎるのかも知れない。
水分が不足している恐れもあるし。
或いは痰を出す力が弱いか?

ネプライザーは使ってくれないし。

面会制限のため、リハビリの時間も短縮せざるをえないし、土・日・月と車椅子にも乗せていない。
運動不足も関係あるか?


***
お知らせ
2025年度からはブログの形式を少し変えていきたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
病院の不穏な空気、何かある?って感じ、よ〜く分かるよ、何度も経験した。たいてい、リハ制限や打ち切りの話だった・・・
ウチは「おめこぼし」の通院リハなので、常にハラハラ・ドキドキでね〜
でもなんで、必要な人に必要な医療(リハビリを含めた)が制限されるのか?本当に腹立たしいよね。
sally
2013/01/02 02:57
sallyさん、ありがとう。

やはり何かあるよね、きっと。
長くいる家族さんからも病院が
やったすごい話を聞いた!
ウチも追い出される気がする。

sallyさんちも『おめこぼし』リハなんだ
ハラハラ・ドキドキは身体に悪いねえ。
ふーみんの姉
2013/01/02 13:41
お疲れさまです。

うちも最初の療養型で、主治医から在宅にしたら?と言われ、どんなに頼んでも延長はダメでした…
私の顔を見ると主治医は逃げるし、スタッフも最初の頃と態度が違ってきましたよ〜
そのときの病院探しは母の肺炎や心不全と重なって、ちょっとドツボでしたf^_^;
その不穏な空気が転院の件じゃないといいのですが…

長くなってごめんなさい!

2013/01/02 16:36
風さん、ありがとうございます。

不満があってもいざ『出て行ってくれ』といわれると思うと
複雑なものですね。(まだ実際には言われていませんが)
あの病院としては、5年半の長きにわたってそれなりに
がんばってくれたのだと思います。
次の病院探しにとりかかっています。
ただ、酸素療法をやっていますからねえ。
難しいとは思いますが。
7日(月)から問い合わせにかかります。
と言って、さいたま市の療養病院は、あと一つしか見つかりませんが。
ふーみんの姉
2013/01/02 20:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
12月24日(月)から12月31日(月) 面会制限 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる