遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月28日から3月31日 便秘と不眠

<<   作成日時 : 2012/04/01 14:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

「多くの看護師は、便秘への対処法としては、下剤や浣腸で当面の問題を解決しているにすぎない。
私たち訪問看護師は、『よく眠れていないのかな?』と考える。
腸は睡眠中、迷走神経が活発になっている時に働く
逆に交感神経が活発になっている時には活動を止めるように出来ている。
だから痛みや苦しさなど、緊張状態が続いていると便秘になる
対処法としては、よく眠れるように体制を整えてあげるのが第一。」

あすか山訪問看護ステーション統括所長平原優美さん―
    週刊文春4月5日号46ページ―医療ジャーナリスト伊藤隼也の記事の中から

ふーみんは、確かに、夜良く眠れていないだろう。
痰が頻繁に絡むから。
量としては、今は特別多いわけではなさそうだが、回数はかなり多い。
それもねばっこく、濃い。
数時間続けて眠れる時は少ないと思う。

それにしても、睡眠が排便とも関係あるとは。
ブログ仲間の記事 http://blog.goo.ne.jp/agatha_bakerst/e/988a1417d1047f7d65773430cdd92a68 によると、腸は「第二の脳」だそうだ。
腸の神経、超細やかなのだ。



酸素吸入 0.7〜1リットル(内緒で調整中)

3月28日(水)弟12:33〜16:00

起きている。
体温36.1度 酸素飽和度96% 心拍数52〜56
リハビリ 計30分
車椅子の散歩 45分
酸素停止時間 45分
排便 (5:00 下剤ピコス8滴 → 13:00 6多、19:00 7多、23:00 7多)



3月29日(木)姉13:06〜19:16

起きている。
体温 36.1度 酸素飽和度 85〜93% 心拍数 51
車椅子の散歩 28分
腹臥位療法+ホットパック 33分
酸素停止時間 68分
腹部ホッカイロ 約120分
リハビリ 合計45分
主治医の診察
口腔ケア 4回
排便 9:00 7少
♪ 展覧会の絵

***経管が長引いたため、リハビリの時間が少なくなってしまった。
***
隣の人のPTを盗み見る。10分弱。
このPTさんはふーみんの担当さんでもある。
肘の部分が動かないので、ボツリヌス菌の治療はどうか?と聞いてみたが、緊張の為に動かない時期は過ぎて、もう固定してしまった様に思えるとのこと。更に詳しくは主治医に聞いてくれとのお返事を頂いている。



3月30日(金)
弟13:05〜16:00

起きている。
体温 36.4度 酸素飽和度 96% 心拍数55〜59
車椅子の散歩 40分
酸素停止時間 40分
リハビリ 合計35分
ST(NO)先生 10分
吸引 2回

***
ST−
ピーチ味のガムを使う。反応は余り良くないとのこと
そもそも10分では時間が足りない。
STの先生が来たときに散歩に行っていた。後でまた来てもらったが、結局いつもの時間ほどには受けられなかった。(通常20分から30分)
ナースステーションから電話して貰って、来られる時間を確認してから散歩に出るように言っているのに。
STは週1度なのだから、車椅子より優先させるようにとの姉の意図もなかなか伝わらない。
人に頼むのは難しいものだ。


姉18:00〜1947

起きている。
吸引 2回
口腔ケア

***
18:00 体温 37.2度 酸素飽和度95〜96% 心拍数60
タオルケット+布団+手のひらのバスタオルぐるぐる巻き+暖房で真っ赤、過剰にほかほか
すぐにタオルケットだけにし、両手をだす。ソックスを脱がせ、足の袋もとる。
ヒンヤリベルトを額と後頭部につける。

          

19:00―看護師検温
体温36.6度。いくらか下がった。
タオルケットと布団を三分の二位まで上げて、夜中に寒くなったら上げてくれるようワーカーに頼んでくる。
深く考えない子なので余り信用できないのだが、言われれば多少なりとも気を使ってくれるかと、小さな望みをかける。



3月31日(土)姉13:06〜19:45

起きている。
体温 36.4度 酸素飽和度 96% 心拍数50
車椅子の散歩 55分
酸素停止時間 60分
腹部ホッカイロ 180分
リハビリ 合計120分
口腔ケア
吸引 5回 

*** 
しゃっくりが多い

***
痰が多い
吸引したばかりなのに15分も経つと、えへん虫にやられたような感じで苦しみだす。
励ましの言葉をかけながら胸と背中をさすり、看護師に吸引を頼む。

今日もほぼ面会時間いっぱいまでいることになった。
帰宅は9時。それから夕食。入浴する元気は残っていないだろう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
テレビで野球(プロと高校)がやっているので、起きています。
「なぜ、腸の調子がよくないのか」と先生は考えてくれないのか。今回の急性期の時そう思いました。リハ病院に移ったとき、たくさんの下剤やら、ビオフェルミンまで入ってました

痰はどこかでひっかかっていると考えて、さするより、タッピングがいいですよ。
特に側臥位では右を下、で叩いて、次は左を下、で両方やると良いかも。
私はむせるまでやります。
一旦上を向かせて落ち着いてから再びやるときもある……考えると残酷かも
クローバー
2012/04/01 15:30
クローバーさん、もう帰ろうとベッドも下げてしまってからまた痰が絡みだしたので、おざなりだったかも。
門限もあるし、ナースはなかなか来ないし、、、疲れました。
むせるまでタッピングね。
その位やらないといけないかも。
残酷?いえ、痰が詰まるよりいいですよ。
ふーみんの姉
2012/04/01 16:13
腸は腸能力の持ち主だとあるブログで知りました。
ふーみんの姉さんに腸は睡眠と関係あることを教えて頂きました。
緊張すると便秘になる理由も解りました。
有難うございます。ふーみんさんの便秘も良くなりますように・・
たんぽぽ
2012/04/01 18:47
お疲れさまですm(_ _)m
頷きながら読ませていただきました。
確かに、痰で睡眠不足になると思います。だから昼間眠ってるのかも。
うちも家族が何をすべきかを分かってくれないです(T_T)
帰り際、痰でゴロゴロすると、ああ〜!と思ってしまいます。しかもナースさん来ないし。
入浴する元気もない…同感です〜後片付けや洗濯をしていると入る気力がなくなります(>_<)
いつの間にか朝シャワーになってしまいましたf^_^;

2012/04/01 21:22
たんぽぽさん、腸は大変偉いのですね。
いや、脳が偉いのか。
どちらでもいいから早く便秘解消させて欲しい、便秘の原因を探って欲しいです。
こちらこそ、たんぽぽさん、ありがとうございます。
ふーみんの姉
2012/04/01 23:24
風さん、悩みは同じですね。
ね。痰で睡眠不足になるから、酸素も足りなくなる?でしょうし、ぼおっとして昼間眠っていると言うこともありそうです。

家族は、まだ数時間でも来てくれるから良い、とするか、同じ家族なのだから、同じ責任と義務があるのでは?と思ってみたり、余裕がなくなるとそう思ってしまいます。

ベッドも下げていざ帰ろうとしている時に限って、また痰が、、。
で、腰をかがめながら面倒見るのは辛くて、帰りの電車の時間も気になる、、。

入浴なんて週に2回くらい、後は朝シャワーと朝シャンでえすよ、同じです。
ふーみんの姉
2012/04/01 23:33
お久しぶりです。
手のひら全体で、たっぴんぐするのではなく、指先でやるほうがいいらしいですよ。
自分で試してみると確かにそう。

これから桜の季節。病院に桜の木はありますか?
ふーみんさんと桜を見れるといいですね。
はぴかむ
2012/04/02 18:47
はぴかむさん、お忙しいところありがとうございます。

手のひら全体より、指先だけの方が力が入りやすいからかも?
今日も濃い痰で大変でした。
少し前は自力で噴き出せたのに、最近はなかなか難しくて、本人も苦しそうです。
水分不足かも?

桜の木あります。
ちょうど今日、ふーみんとお花見をしてきました。
ふーみんの姉
2012/04/03 00:03
ふーみんさんの肘の部分、痙縮か固縮か拘縮か?って事だと思う。なかなか判断が難しいらしいね。
カツのリハ主治医によるとボトックスは痙縮には効果があるけど、それ以降になると効果に疑問があるらしい。
ウチも足首に似た様な問題を抱えてて(痙縮か固縮か拘縮かの判断がまちまち)でも近々(数ヶ月以内)ボトックス治療を開始する(まずは診察を受ける)予定なので、また報告するね!
sally
2012/04/03 02:05
sallyさん、主治医は拘縮とおっしゃってます。
固縮と言うのもあるのですね。
とにかく一度は診断を受けたいのですけれどね。
いろいろ問題が山積してるので、何から手を付けたらよいやら。
>ウチも足首に似た様な問題を抱えてて(痙縮か固縮か拘縮かの判断がまちまち)
でもボトックス治療をされるのですね。
考えてばかりでもはじまらないですものね。
また報告お願いします。
ありがとうございます。
ふーみんの姉
2012/04/03 10:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
3月28日から3月31日 便秘と不眠 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる