遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 2月1日から2月7日 疥癬治療終了

<<   作成日時 : 2012/02/08 13:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2月2日、疥癬治療が終了した

カーテンも全て開放され、エプロン、ポリ袋、ゴミ箱、替えの布団やシーツカバーなどなどベッド回りの一切が引き上げられた。

何とも言えない開放感。と思いきや、閉所恐怖症の反対の気分が押し寄せてきた。
廊下を行き交う人の目が気になる。裸をのぞかれているような感じもある。
もう一度カーテンの中に入りたい気持ちにさえなってしまった。

しかし、それらは徐々に薄くなり、数時間後どこかへ飛んで行った。
前と同じように、堂々とトイレに行ける。他の家族さんに近づいて話すことができる。院内喫茶店でゆったりできる。
ふーみんの表情も晴れ晴れとしているように思えるのだから不思議なものだ。

皆様にもいろいろご心配をおかけしました。ありがとうございました。



酸素吸入1リットル

2月1日(水)姉17:06〜19:24

半分起きている。経管中。
日曜なので入浴なし。清拭後、薬を塗り、着替えさせ、シーツ、布団等全て替えたとの事。

体温36.7度 酸素濃度96% 心拍数62
リハビリ 44分
吸引2回



2月2日(木)姉14:00〜19:06

起きている。

体温35.9度 酸素濃度95%〜96% 心拍数55〜58
皮膚科診察(疥癬治療終了宣言
主治医診察
リハビリ 合計120分(マッサージ器マカロン10分)
口腔ケア
吸引 4回
摘便10:00 → 排便(6多)13:00



2月3日(金)姉14:45〜19:12

胃ろう交換中。→レントゲン
カニューレ交換
体温36.9度 酸素濃度94〜95% 心拍数61
入浴
リハビリ 60(胃ろう交換後の為、激しいリハビリはせず)
口腔ケア&リフレケア
排便 ほんの少し(記述は汚れ)
吸引2回(カニューレ交換後の為、痰に血が混じっている。)

*今日は節分なので、恵方巻きを買っていった。右手に握らせたが、腕が緊張して硬く、とてもとても口元まで持っていけない。で、姉が持って唇に着けてみた。中身が入らないように慎重に。海苔の香りがわかったろうか?



2月4日(土)姉18:40〜20:05

起きている。

体温37.3 酸素濃度90〜96% 心拍数めちゃめちゃに動く
リハビリ 40分
口腔ケア

*気温が高いせいか、昼間から布団を首元まで掛けられていたのだろうか?かなりの熱。たぶんこもり熱だろう。
ナースに連絡するが、なかなか来てくれない。とうとう帰らねばならない時間になってしまった。ナースステーションに行ってみると、氷枕の準備中。同じような症状の人がいるのだろう。
ふーみんは、風邪の感じではないし、深夜から早朝は低体温になることが多い。一応診てもらうよう更に伝えて、後ろ髪をひかれる思いで退出する。



2月5日(日)姉14:50〜19:04

起きている。

体温36.6度 酸素濃度94〜96% 心拍数60
リハビリ 合計125分
口腔ケア&リフレケア
吸引 2回

***
ゴックン頻繁。



2月6(月)姉13:03〜19:10

オムツ替え中。

体温36.3度 酸素濃度94〜95% 心拍数60
リハビリ 77分
車椅子の散歩 30分 (約1カ月ぶりの為短時間にしておく)
腹臥位療法 33分
酸素停止時間 計63分
ST&口腔ケア&リフレケア
吸引 5回
4:00−ピコス8滴 → 9:00 排便7多、17:00 排便7多

***
ピコスが効いたのか、お腹が超特急。オムツを替えてくれたワーカー(2人)が『参った、、、』という感じの苦笑いで出てきた。
***
腹臥位療法 しばらくぶりだったせいか、下を向いた顔の形相がすごかったが、10分ほどたつと眠ってしまった



2月7日(火)姉13:06〜19:10

半分眠っていたが、声をかけてしばらくしたら眼が覚めた。
体温 36.8度 酸素濃度94〜96% 心拍数52
車椅子の散歩65分
リハビリ 計122分
入浴
ST&口腔ケア&リフレケア
吸引 5回
睡眠 60分

***
ここ1カ月とにかくぼやっとしている。眠くても緊張で眠れなかったのか。
今日になり、初めて以前のように安心した表情で眠っている顔を見た。
昼間1時間、そして、姉が帰る頃にはもう口を開けてすやすや。
リハビリや車椅子の散歩で疲れたのだろう。

***
痰が硬くなかなか自力排出が難しい

***
最近気温が高いせいか、体温が高い。
それなのに、昼間も厚い掛け物が首元いっぱいまでかかっていることがほとんど。布団を上げてくださいと頼むのは、夜だから、或いは寒いから。昼間は逆に下げて欲しいのだ。当たり前の事だ。
看護師たちや介護士たちは半袖で動き回っている。だから、動けない患者の体の感覚がわからないのかも知れない。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
疥癬治療が終了

ひとまず安心ですね。
今後2度とないように・・・
たんぽぽ
2012/02/08 14:58
ともかく一安心
リハビリや車イスでがんばっているふ―みんさん。
がんばれ。
排便と痰は関係あります。腸が詰まると逆流しますので。
ともかく時間はたくさんあります。負けるな
クローバー
2012/02/08 19:15
たんぽぽさん、まだ痕が残っていて、ちょっと心配ではありますが、いくらなんでも4回も薬をのまされたのだから、と自分に言い聞かせています。
これから要観察ですね。
ふーみんの姉
2012/02/08 21:00
クローバーさん、うーん、(ギャグではないけれど)排便は5日に1回、それも下剤を使ってですものね。
いっこうに腹臥位の効果が出てこないし、悩みの種です。
ふーみんの姉
2012/02/08 21:02
祝!ふーみんさん疥癬治療終了〜♪

母も赤いポツポツが消えるのに時間がかかりました。
またポツポツが増えるのではないかと、しばらくは心配で体中観察してました
f^_^;
今もそのクセが抜けません。

ふーみんさんもホッと一息つけたでしょうね(^O^)

2012/02/08 21:46
やっと終わったんだ、良かったね!
これから少しずつ、また取り戻してね!!
姉さん、負けたらアカン、やで〜 ^^/
sally
2012/02/09 01:19
風さん、やはりまだまだ心配です。
去年の、言え正確にはおととしの赤いポツポツががまだ少し残っているのですから、時間かかりますねえ。
ようやく昼間も眠るようになりました。
あいつなりに安心している感じです。
ふーみんの姉
2012/02/10 00:32
sallyさん、長かったあ。
リハビリ結構やっていたのですが、やはり、体がすごーく重いです。支えるこちらは疲れる、、、。
でも負けないで行きまーす。
ふーみんの姉
2012/02/10 00:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
2月1日から2月7日 疥癬治療終了 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる