遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 1月22日から1月31日 疥癬治療、4周目に

<<   作成日時 : 2012/01/31 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

皮膚科医から『ストロメクトールをさらにもう1週処方する』とのこと。

1年前は、週1回の投薬を2週行えばヒゼンダニは死滅すると信じられていた。
が、今回、ふーみんを始め数人が再発したことにより3週に決められたのが、治療開始時。
ところが3回薬を飲んだ時点で患部を診たところ、もう一回飲んだ方が良いとなったらしい。

慎重なのは良いのだが、薬の副作用も当然あるだろう。
そして、気になるのが、ふーみんが受けているだろうストレス
家族(姉)の滞在時間が以前に比べれば減っているし、四六時中カーテンで仕切られた中でぼやっとしている。眼はあいているのだけれど。
早く窓からの光を浴びさせてやりたい。
車椅子に乗って外の空気を感じさせてやりたい。

姉もきつい。
弟では姉の替わりはできず、10日から休みなしで病院へ通い、体を動かしてやっている。
熱湯消毒しなければならない洗濯物も毎日。私物の毛布も何となく既成事実にしてしまったので、ここから疥癬を広げるわけにはいかない。
だが、何が何でも2月の1週目には解禁になるだろうから、あとひとがんばりだ。



酸素吸入1リットル

1月22日(日)姉16:30〜19:06

半分起きている。経管中。
日曜なので入浴なし。清拭後、薬を塗り、着替えさせ、シーツ、布団等全て替えたとの事。

体温36.4度 酸素濃度93〜95% 心拍数65
リハビリ 50+26+8=84分
吸引1回




1月23日(月)姉16:24〜18:56

入浴中

体温35.9度 酸素濃度94%〜96% 心拍数53
リハビリ 88分
口腔ケア&リフレケア
耳かき
吸引 1回
♪ 荒井由美



1月24日(火)姉15:35〜19:30

起きている。白い顔(毎日の入浴で毒気がとれたか?)

体温34.6度??? 酸素濃度95〜96% 心拍数48
入浴
リハビリ 10+65=75分
口腔ケア&リフレケア
吸引2回
♪ 前川陽子(ひょっこりひょうたん島)



1月25日(水)姉14:06〜18:50

起きている。

体温35.5 酸素濃度85% → 吸引 → 92% 心拍数54
入浴
リハビリ 40+60=100分
吸引 3回
口腔ケア&リフレケア
2:00下剤ピコス→9:00排便7多
爪切り

***
口腔ケア中に、またもウエットティッシュに血がついた
ナースと調べると、唇と噛んだ跡と、やはり歯周病らしい部分がある。



1月26日(木)姉14:02〜19:20頃

起きている。

体温35.4度 酸素濃度95〜96% 心拍数55
リハビリ 60+40=100分
入浴
口腔ケア&リフレケア
吸引 3回
皮膚科医診察
主治医診察
血液・尿検査

***
入浴後、しゃっくりが頻繁に出る。寒いのか、胃腸が調子悪いのか?



1月27日(金)姉14:48〜18:55

起きている。

体温35.3度 酸素濃度94〜96% 心拍数めちゃめちゃ(手が冷たい)
リハビリ 45分
入浴
ST&口腔ケア&リフレケア
吸引 2回



1月28日(土)姉14:16〜18:40

起きている。
酸素濃度96% 心拍数52〜56
リハビリ 45+30+20=95分
入浴
ST&口腔ケア&リフレケア
吸引 3回



1月29日(日)姉14:56〜19:36頃

起きている。

体温36.2度 酸素濃度95〜96% 心拍数59〜63
リハビリ 35+34+12+30=111分
清拭(入浴無)
ST&口腔ケア&リフレケア
吸引 3回
コミュニケーション『グー・チョキ・パー』『中指・小指』をそれぞれ動かす

***
午前中のナースから『痰が多い』との申し送り。
19:10頃、体温が36.7度になったので、夜勤の主任ナースに体温と痰の事を告げても『そうですか』とだけ。20分待っても来てくれない。
遠くでバイタルモニターの音が頻繁にするので、差し迫って具合が悪い人がいるのだろう。それはわかるので、せめて『わかりました、後で診に行きます』との言葉があるとこちらも安心して帰宅できるのだが。



1月30日(月)姉14:10〜18:45

起きている。

体温36.2度 酸素濃度92〜96% 心拍数58
リハビリ 60+45+15=120分
入浴
ST&口腔ケア&リフレケア
吸引 3回
4:00−下剤ピコス→19:00 排便6中



1月31日(火)姉14:48〜18:50

起きている。

体温36度 酸素濃度96% 心拍数55
リハビリ 40+55+10=105分
入浴
ST&口腔ケア&リフレケア
吸引 2回



尿路感染症の疑いが晴れる 

主治医の診察時、尿路感染症の疑いはどうなったか聞いてみる(1月26日)と、尿と、血液の検査をしてくれることになった。
翌日、『検査をしました』と報告に来てくれたのだが、『結果は?』と聞くと、『まだ出ていない』との事。
数時間後、自らまた報告に来てくれた。
炎症反応・腎臓・肝機能その他全て異常がないとの事。安心した。
抗生物質を1週間投与されたので、それで治癒したのか、もともと何でもなかったのかは分からないのだが。
それにしても、こういう事も必ずこちらが確認しないと、痛い検査だけされて結果は知らされないのだ。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
>炎症反応・腎臓・肝機能その他全て異常がないとの事

良かったですね! 後はダ二!
痰はうちも多い日があるけれど、なんでしょうね?
同じ毎日なのに、って思います。
しかし、本当に姉さんのがんばりはすごいです。
身体に気をつけてくださいね
クローバー
2012/02/01 13:20
ふーみんのお姉さん
毎日お疲れ様ですm(_ _)m
お疲れがピークではないでしょうか?

熱湯消毒も毎回大変な労力ですよね。
うちも私物持ち込みだったのでよく分かります(ToT)

カーテンはお隣のベッドとの境の所だけにして、もう開けてくれてもいいのでは?と思ってしまいますが…そうも行かないのでしょうか。

早く疥癬が根治して、ふーみんさんが車椅子で散歩できますように!!

2012/02/01 21:05
クローバーさん、尿路感染症でなくてほっとしました。

後、ダニは後数日の辛抱でしょう。
これが落ち着いたら、本をしこたま買ってくるぞ〜と自分を慰めていますよ。

あら、ケーキありがとう。そうだ、それもご褒美にしよう。
ふーみんの姉
2012/02/02 00:59
風さん、疲れのピークは過ぎました。また元気が出てきましたよ。

熱湯消毒、毛布の場合、薬缶で4回沸かさなくては全体を浸らせることができないのでね。手間が掛りますよね。

カーテンも勝手に開けて、もしお隣に疥癬が発生したら、うちのせいだと思われそうで、人の見ていない時こっそり開けています。じゃないと息苦しくて。

もうひと頑張りして散歩できるようにしますよ。
ふーみんの姉
2012/02/02 01:04
ヒゼンダニの影響は大きいですね。
薬以外の何か良い治療法はないのでしょうか?
ふーみんさんのストレス。解るような気がします。
一日も早くヒゼンダニから解放されますように・・
たんぽぽ
2012/02/02 06:45
たんぽぽさん、にっくきヒゼンダニです。
とにかくしつこい。
薬も飲まなければ体の中に寄生している虫を殺すことができないようです。
体の中にトンネルを作るんだそうです。

ふーみんは、なんだかおろおろしているようです。周りがいろいろ騒いでるのが、わかるのでしょう。

頑張ります。
ふーみんの姉
2012/02/02 23:40
本当に大変な毎日!
でも、きっとあともう少しだね。
早くお散歩に行けます様に!!
ファイト〜
sally
2012/02/03 00:27
sallyさん、何とか切り抜けられたようです。
次は、お散歩や腹臥位を早くやって欲しい。でも少し時間がかかりそうです。

sallyさん、カツさん、風邪はすっかり抜けたのかしら?
ふーみんの姉
2012/02/03 23:44
今日、父も一般病棟に戻りました。
まだ、一般病棟には行っていないんだけど、4人部屋で、人によっては、きっちりカーテン閉めてるんだよね。
廊下側だと、日光も入らず、外も見えず、暗闇にいるみたいで、ほんと嫌なんだよね。
早く、今までどおり、動かせるようになるといいね。
はっぴいかむかむ
2012/02/04 15:55
はっぴいかむかむさん、お父さん、良かったですね。

カーテン、うっとうしいですが、さすが4週間もその中にいると慣れてしまった。やっと解除になったのに、今度は逆に変にすうすうする、不思議な感覚。
急に激しく動かすのも怖いので、徐々にやって行きたいです。

はっぴいかむかむさんのお父さんも、早く良い状態に戻れれるように。
ふーみんの姉
2012/02/04 23:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
1月22日から1月31日 疥癬治療、4周目に 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる