遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 12月8日から13日 酸素供給ミスでチアノーゼ寸前!!!

<<   作成日時 : 2011/12/14 12:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

酸素吸入1リットル


12月8(木)姉13:06〜19:30
静かに起きている。

主治医の診察・カニューレ交換
車椅子の散歩 25分
腹臥位療法 30分
酸素停止時間 25+30+25=80分
リハビリ 68分
ST&口腔ケア
下剤―5:00、排便―15:00,19:00
音楽鑑賞―中島みゆき
吸引3回

***
腹臥位で酸素を外してから再開し忘れた
本来はナースの仕事だが、どうしても頼られてしまうのだろう。姉の仕事と思って注意しなければ。
だが、通常この位の時間は酸素なしでいるので、結果オーライではある。

***
経管がなかなか終わらないと思ったら止まっていた。水分が少なくて詰まったのか、チューブに問題があるか、またはふーみんの側に何か?



12月9日(金)
弟13:35〜16:00

ほぼ眠っている。リハビリ約50分。

***
MA先生がSTのために来て、ふーみんの顔色が悪いことを発見。
酸素のチューブが外れていることに気づく。入浴後元に戻さずに外したままになっていたようだ。

今まで何度か酸素のつけ忘れがあっても、顔色が悪くなる位までになったのは初めてだ。
通常90分から2時間位は酸素無しで大丈夫なので、明らかにそれ以上の時間、(入浴時から計算すると3時間半位)全く酸素なしにさせられたというわけだ。
MA先生が、事態を重く見てスタッフに話してくれる事になった。

結局今日のST(MA先生)は10分のみ。
酸素を再開したばかりで余り動かさない方が良いと言われるので。
でも、ちょっと頬のタッピングをしただけですぐにつばを飲み込んでいたようだ。

吸引1回
排便 19:00−4中


姉18:06〜19:48
起きている。咳こんでいる。

口腔ケア
吸引
顔が赤く体温36.8度のため、冷凍庫からひんやりベルトを出してつけてやる。帰るときに、熱さまシートに替えておく。

***
入室して酸素のトラブルを知り、姉からも注意をと看護師長を探したが、とっくにご帰還されている。
ああ、またも信用できないことが出てきた。ショック。ショック。ショック。




12月10日(土)姉13:10〜19:16
起きている。

車椅子の散歩 110分
酸素停止時間 112分
吸引 3回
リハビリ―85分
ST&口腔ケア

***
影絵上映会に参加
見ていたかどうかははっきりしない。目つきだけでは判断できないのだ。だが、ナレーションや挿入されていた音楽は確実に聞こえていたと思う。それに会場の雰囲気も感じとっていただろう。しかも、一度もむせることなく静かにしていられた

***
入室して早々、車椅子に乗せたりしていたので、看護師長と話すことができなかった。散歩から帰ってみたらもう帰られた後。
しかも今日もまた、なぜか酸素のメモリが4だか5だかになっていた。う〜。




12月11(日)姉18:04〜19:40
起きている。真っ赤な顔。

***
また酸素が止まっている。さすがに頭に来て、夜勤のMA主任を呼んだ。すぐ、酸素を付けて濃度を測ったら、94%。ひとまず落ち着いたが、もう、怒りで心臓が止まりそう。

吸引 1回
ヒンヤリベルト→熱さまシート



12月12日(月)姉13:06〜19:18

散髪
車椅子の散歩 35分(散髪の時間も含む)
腹臥位療法 30分
酸素停止時間 35+30=65分
リハビリ 30+70=100分
ST+口腔ケア
吸引 4回
♪ Begin

***
やっと看護師長をつかまえて酸素の件を話す。
姉の顔を見たらすぐ、話の内容がわかったよう。
『入浴後の酸素再開はナースの仕事、入浴係のワーカーの責任ではない。厳重に管理するように朝礼で皆に伝えた。』
また、(特にメモリが4や5に上がってしまったり、零になってしまったのは、)吸引の時のチューブ等が酸素計のメモリに触れて上下してしまうのかもしれない、という事で、取りあえず、メモリが動きにくい酸素計に変えた。
こんな状況でも最後に、よろしくお願いしますと頭を下げるのはこちら。そもそも、姉がわざわざ出向く前になぜ事情説明に来ない?



12月13日(火)姉13:06〜19:06
起きている。

車椅子の散歩 約100分
酸素停止時間 約100分
リハビリ10+10+50+24=94分

***
ST 
今日は反応が良くない。冷たい保冷剤で顔をピタピタしても、ミカンを食べてみせても、ゴックンは中途半端。
今日の車椅子が、いつもよりも角度が90度に近いもので、それに乗せた途端に大きなゴックンを何度かした。それでもうゴックンは終わり?

***
口腔ケア 
ケア後必ずむせる。つばがたくさん出て飲み込めない様子。今までは吸引ブラシを使っていたのだが、それも禁止されているため、吸引を頼まざるを得ない。だが、患者の食事時間にぶつかるのでなかなか来てくれない。

コミュニケーション
『親指を動かす』○ 『チョキを作る』×(反応なし)
最近なぜかチョキが難しくなっている様子

吸引 4回
摘便−マイナス 


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
酸素が2時間以上も止まっていた!驚き!
なんというミス!
引き継ぎがあるのも原因なのかもしれませんね。
たんぽぽ
2011/12/14 16:28
なんだなんだ? 病院だろっ。仮にも。
ワルサ―P38貸そうか?

※うちも季節的に調子が悪いから、あまり気にせずに。つばが出るのは悪いことではないですよ〜。
クローバー
2011/12/14 19:30
お疲れ様ですm(_ _)m記事を読ませていただいて、電車の中にもかかわらず『ええっ!』と声を出してしまいました。
ひどいです。
しかも何度もなんて…
母も酸素を吸入しているので本当に怖いですよね。
うっかり、とかつい忙しくて、では済まないことではないでしょうか?
本当に心配ですよね。

2011/12/14 20:22
たんぽぽさん、驚きますよね。
しかも、そのことを余り重大に考えていない看護師長以下、、、。
引き継ぎがちゃんとなされていないんですよね。
今まで、それをカバーしていたこちらも悪かった、と思いました。
ふーみんの姉
2011/12/15 00:52
クローバーさん、ねえ、そう言いたくなりますよ。
ワルサーP38よりも、素手でビシバシやってやりたい。

つばが出るのは悪くないけれど、それが飲み込めないのがね。
やはり寒くなると調子が悪いですよね。お大事にね。
ふーみんの姉
2011/12/15 00:57
風さん、声が出てしまいますよね。ひどいです。
そのくせ、家族が、酸素を管理してはいけない、と言うんですよ。
今度という今度は、のんびり屋の私も愛想がつきました。
もう、『この病院に未来はない』と悟りましたよ。
ふーみんの姉
2011/12/15 01:00
ヒドい話だ!!!
家族の管理を拒否するなら、
ちゃんと酸素管理しろって言いたいよね!

こればっかりは、
人手不足だなんて言い訳は通らないと思うな。
最低限の「やるべき事」だぞ〜!!!
sally
2011/12/15 01:55
命にかかわること。
ひどすぎますね。
父の場合、状態は悪くても長い期間の酸素のお世話になったことはないので、よくわかりませんが、うちの病院でも酸素マスクがずれたまんまの方とかよく見かけます。
父もいずれ、酸素のお世話になるときがくるでしょうが、こんな日が続けば、帰るに帰れないですよね。
はっぴいかむかむ
2011/12/15 19:58
sallyさん、看護師長もナースもぬるま湯にどっぷりつかってしまっているのでしょうね。
頻繁に会議をしてる割には、時間を取るばかりで、ちっとも改善されない。
いったい何を申し送りしているのか。
このままで済ます気はないので、どうしたら良いのか考え中です。
ふーみんの姉
2011/12/16 01:28
はっぴいかむかむさん、ひどすぎます。

自分たちが大変な事をしてしまったという意識が余りないようで、酸素が付いてないのを見つけたMA先生の事も『あの先生は怖いよ』と笑い物にしていました。
今すぐあそこを出たい位です。
ふーみんの姉
2011/12/16 01:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
12月8日から13日 酸素供給ミスでチアノーゼ寸前!!! 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる