遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 11月1日から8日 疥癬再び、、、。 

<<   作成日時 : 2011/11/09 13:36   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

病棟で、疥癬が再び勢いを増している。
同室の1名も、その疑いで、スタッフが“完全防備”(時々忘れるのだ)でケアに臨んでいる。
他の部屋では去年に引き続いて、また、り患した患者さんの家族が、『保健所に訴える!』と怒り心頭らしい。そうは言っても、訴えて営業停止?になったらどこへ行くのだ?

去年のふーみんから始まった疥癬は、やはり病院が感染源だと思う。最初に異変が現れたのはふーみんで、それから約1カ月後に姉が感染(アレルギー)したのだから。


酸素吸入1リットル


11月1日(火)姉17:46〜19:16
起きている。

口腔ケア
吸引 1回


11月2日(水)
弟13:39〜16:00
半分起きている。

リハビリ約60分
酸素用チューブ交換


姉17:55〜19:16
起きている。

吸引 1回
コミュニケーション
 姉『小指』 『中指』× 『親指』×
 SUナース『チョキして』○

布団を掛けると少し寝苦しそう。顔も火照り気味。熱いのかも知れない。かと言ってタオルケットだけにしておくと、後で寒くなったら大変。気を利かして布団を掛けてくれるスタッフはまれだそうで、朝方には逆に冷え切ってしまう。
夜勤者に『寒くなったら掛けてください。』と頼んでいっても、『はあい』と、元気に返事をするだけの『お風呂場』(ゆう、ばっかり)で、、、。
しかし、療養病院だからリハビリがほとんどないのはわかる。でも、そんな基本的な事すらスタッフの善意、と言う偶然に頼らなければならないなんて、変ではないか?
看護師長に、『気温の変化があったら掛け物で調整をお願いします』と以前頼んだこともあるのだが、『はいはい』と言う感じで、どうもあてにならない。



11月3日(木)姉18:05〜18:55
起きている。手が冷たいため、アームカバーをつける。

口腔ケア
吸引 1回

今日は祝日で腹臥位は無し。元気なら、こんな時こそリハビリに力を入れるのだが、姉の休養のため入室が遅くなった。
*おむつ替え、体位交換の後、気持ち良さげに眠りについたので、ほっとして退室する。



11月4日(金)
排便 (6:00 ピコス8d、9:00−6多

弟13:33〜16:00
半分起きている。

リハビリ 60分弱
ST(MA先生) 15分−ゴックンする


姉17:36〜19:06
起きている。

口腔ケア
吸引1回
コミュニケーション 指を動かす 『親指』『小指』○ 『中指』

 

11月5日(土)姉13:23〜18:40
起きている。

酸素停止時間 100分
車椅子の散歩 100分
リハビリ 18+60+10=88分
口腔ケア
吸引 4回



11月6日(日)姉17:45〜18:45
眠っている。終わった経管がまだついたまま。忙しいのだろうが、、。

口腔ケア



11月7日(月)姉13:40〜18:56

車椅子の散歩 35分
腹臥位療法 32分
酸素停止時間 32+32=64分
リハビリ 20+60=80分
口腔ケア
吸引 4回



11月8日(火)姉13:10〜18:50
起きている。

車椅子の散歩 92分
酸素停止時間 95分
リハビリ 20+56+15=91分
ST&口腔ケア


他の病棟の患者さん(主治医が同じ)はもうインフルエンザ予防注射をして貰ったそうだが、ふーみんのところはまだ。申し込みはトップだったのに。する前に掛ってしまってはしようがないので、早くして欲しいのだが。


姉が鼻風邪に掛ってしまった。いつもは市販の薬を飲んで早く休めば2・3日で治るのだが、今回は長引いている。夕食後の転寝、睡眠障害の悪化、その他もろもろのため。
それでも時間が少なくなったとは言え、病院へは通っていると言うこの不思議。
結局病院のケアが信用できないのだ。悲しいことだけれど。
指1本動かせない、辛さを口で訴えられない、そういう患者の不自由さが、健康な大部分の病院スタッフには想像すらできないのだろう。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
疥癬の広がりを止められない病院。
病院で駄目なのが不思議です。

家族の細やかなケアーが病院側にもあると
いいのにな〜〜と感じています。
たんぽぽ
2011/11/09 14:00
たんぽぽさん、ありがとうございます。
あの病棟が特にひどいのですよ。
厳しい師長がいて、しょっちゅう会議をやっているのに
『何も変わらない』と言う天の声?もあります。
ふーみんの姉
2011/11/09 17:13
ふーみんさんのお姉さん、お疲れ様です。
私の母も一度病院で疥癬に感染しました。大変でした。
私も病院のケアが心許なく心配で毎日行ってしまいます。
1日おきくらいにできるよう、少しは安心できるケアをしてくれたら良いのですが、熱にしても何にしてもまず家族が気がつきます。
ここは病院だよね?と思ってしまいます。
朝方は冷えますね。母も毎日に冷え切ってしまっているようです。
何とかならないものでしょうか?
病院で病気になるなんてシャレになりません(T_T)
ふーみんさんのお姉さんもお身体お大事にm(_ _)m

2011/11/09 19:36
身体が動かせないから病院にいるのに、
その病院で分かってくれない、理解されないなんて、悲しすぎる!
読んでいて、泣きそうになりました〜(;;)

姉さん、負けたらアカンで〜!
sally
2011/11/10 02:35
うちの療養病院も一緒ですよ〜。
うちの病院は日本一悪いのではないかと思ったのですが、似たような病院は世の中にはたくさんあるようですね。

本当に、自分の体調が悪い日なんかに、今日1日は病院にまかせちゃおうって、安心して休養が取れる日があるといいのにと思います。

家に帰ってもふとんちゃんと着てるかなとか着せすぎてないかなとか吸引は大丈夫だろうかとか心配しない日はないですよね。

お互い体と心をいたわりながら、がんばりましょうね。
はっぴいかむかむ
2011/11/10 12:39
風さん、お疲れ様です。

疥癬は、施設やら老人病院やらにつきものだと聞きました。

弟の病院は意識が高い人もいるのですよ。
腹臥位療法を引きうけてくれたのも、
勉強会や会議が頻繁なのもその現れでしょう。
それにはとても感謝しています。
でも、実行するにはマンパワーが足りない、のですね。

風邪が一度抜けたのに、またまた怪しいです。
思い切って休みたいけれど、、、。

風さんも気を付けてくださいね。
ふーみんの姉
2011/11/11 00:40
sallyさん、ありがとう、負けまへんで!(違ってる?

悪口ばかりで嫌になるけれど、やはりとても気になるところなので、一度看護師長と話そうかな、と考え始めています。
それでだめなら、他を探そうかとも。
ふーみんの姉
2011/11/11 00:44
はっぴいかむかむさん、うちは、結構いい病院だと
思っていたのですよ。最近まで。
ところが、今までは6時半頃には帰っていたのを、
夏から夜まで残るようになり、いろいろ見えてきて
行かなくてはいられなくなりました。
それまでは、週1日は誰も行かなかったし、信用していたのです。

お父さん、今の病院でよく診てもらえるといいですね。
ふーみんの姉
2011/11/11 00:49
更新に気づかず、遅くなりました。
何? 腹が立ってきました
マンパワーと言うけれど、その足りない部分を、「仕方がないから」とか「じゃ、家族がやる」はおかしい!
なんとか意識の高い人たちががんばって改革してもらいたいですね。
実は、ここだけの話ですが、うちの病院でさえ問題ナースがいました。今回ついに辞めていなくなりました。
ナースさんたちはバタバタしていますが、患者にとってはバンザイ、です
クローバー
2011/11/12 07:15
クローバーさん、どんないい病院にも問題なスタッフはいるんですよね。うちも一人止めました。呼んでもなかなか来ず、ブーたれた顔で痰を取る。他の人のも頼むと不機嫌に断る。でも、おしゃべりは大好きでしょっちゅう油を売っている。
意識の高い人たち、優しい人たちは疲れてしまうので、それも心配なのです。
ふーみんの姉
2011/11/12 12:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
11月1日から8日 疥癬再び、、、。  遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる