遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 10月14日から10月18日 忘れ物に落し物、なんでこんなにポカをする〜

<<   作成日時 : 2011/10/19 12:36   >>

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

酸素吸入1リットル


10月14日(金)
弟13:33〜16:00

13:40−酸素濃度91% 心拍数51〜54 (ナース計測)
14:45−      95%      49
14:55−      95〜96%  50〜51 (酸素無し)
15:05−      93〜94%  48〜49 (酸素無し)
15:25−      94%      59

リハビリ 約1時間
酸素停止時間 1時間
吸引 1回


姉18:00〜18:56
起きている。
口腔ケア
吸引 1回

18:05−酸素濃度95〜92% 心拍数54 体温36.6度



10月15日(土)姉13:10〜18:58
起きている。痰でむせる。

13:20−酸素濃度94〜96% 心拍数48 体温36.2度
車椅子上−     91〜96% (酸素無し)
15:15−      88〜96%      56
17:25−      94〜95%      56 (酸素無し)
18:12−      94〜96%      58    36.2度

車椅子の散歩 75分
酸素停止時間 75+35=110分
ST & 口腔ケア
リハビリ (腕・肩・脚&足・指) 20+5+44+16=85分
吸引回数4回
爪切り



10月16日(日)姉18:20〜19:43
 
夏日の今日、早く行ってやらねばと思いつつ、家の事などなどやっていると、なかなか出られない。で結局いつもより遅くなってしまった。

起きている。
顔が赤く、触ってみると明らかに熱がある。どうも暑くて寝苦しいような感じ。
タオルケットも1枚だけにして、ソックスを脱がせ、厚い布団を外してみたら、いくらか熱が下がって行く。
MAナースに診て貰うと、体温37.2度。アイスノンをするかどうか微妙なところだと言う。結局して貰うことにして、厚い布団は足の下に置き、もし夜中寒くなったらかけて貰うようお願いしておく。

それでも19:00のおむつ替えと体交後は深夜の2時まで通常誰も来ないらしい。どうしたらよいか、迷いに迷って、帰途につく。

18:20−体温37.9度 酸素濃度93〜95% 心拍数67
18:44−   37.3度       
18:50−   36.9度
19:05−   37.2度       94%         64 (ナース計測)



10月17日(月)姉13:05〜19:12
起きている。静か。白い顔。熱はなさそう。タオルケット2枚の上に誰かが私物の毛布を掛けてくれた。
IOナースによると、昨夜は37.2度だったため、厚い布団は掛けないでいたら、今朝は冷え切ってしまったと言う。一時は湯たんぽをしようかとの話も出たらしい。
痰を出す力が弱い』との事。

排便無し 9:00−摘便マイナス
リハビリ 20+12+5+50=87分
車椅子の散歩 15分
腹臥位療法 33分
吸引 5回
酸素停止時間 55+10=65分
ST & 口腔ケア

13:10−体温35.5度 酸素濃度94〜96% 心拍数49
13:55−   35.5度
車椅子上−               94%         (酸素無し)
腹臥位療法−             89〜96%      49(酸素無し)
15:52−                88〜96%      49
16:15−   36.2度
17:40−   36.2度
19:00−   35.8度       93〜96%      59



10月18日(火)姉13:10〜18:55
起きている。

リハビリ 15+15+5+20=55分
車椅子の散歩 75分
酸素停止時間 75+16=91分
口腔ケア (ナース&姉)
排便無し 下剤ピコス5d
吸引 4回
コミュニケーション
  『× △ ×』 『中指』× 『小指』×
  ほとんどできなかった。眠かったのか、しようとしても指が動かなかったのか?

13:15−体温36度 酸素濃度93〜95% 心拍数52
車椅子上−             91〜96% (酸素無し)
15:20−              96%        120〜100台
18:00−   36.1度     95〜96%      60
18:08−              91〜97%      63 (酸素無し)
18:24−              90%         60


* 
姉のおっちょこちょいは生来だが、近頃さらにひどくなった。
自転車で買い物に行き、鍵を掛けて、それを(たぶん)ジーンズの右ポケットにしまった。
大袋いっぱいの読み終わった本を、ブック○フのカウンターに持ち込む。
15分程の待ち時間の間に本やら洋服を物色しながら、なぜか何度か右ポケットを探っていた。
呼ばれてカウンターに戻り、本の買い取り額840円を受け取った。
これでランチをしようかと意気揚々と自転車置き場に戻ったら、ガ、ガーン。鍵がない。
歩いた場所を探し、店員に尋ねること30分。諦めて自宅に戻った。

翌日、自宅にあった予備の鍵を持ち、自転車置き場に向かう。
が、鍵が合わない。
20分奮闘したが素手で外れる筈もなく、時間も21時過ぎで近くに開いている自転車屋にも覚えがない。
またいつ来れるかもわからず、家まで引きずって帰ることにした。
ドーナツとたこ焼きを買いこみ、やけ食いをしながら、約50分。
腕も腰も足もガタがきたが、自転車のタイヤも力尽きた。
家に着くころには完全にパンクした感触。

鍵を外して、自転車屋に持ち込む時間も気力も今のところ見つからず、である。
    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
かわいい かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
夜道を自転車と格闘しながら帰られたのですね。
お疲れはありませんか?自転車の鍵って小さいから良く無くしますよね。
経験がありますよ。スーパーの自転車置き場で鍵が見つからなくて大慌てしました。
大変だったですね。
2011/10/19 15:06
名無し様、ありがとうございます。
体の疲れは無かったのですが、気持ちが疲れて。まだ自転車は直しに行っていません。

よろしければニックネームをお知らせくださいませ。
ふーみんの姉
2011/10/19 23:22
帰路のトラブルほど疲れるモノはないよね〜(><)
自転車、その後はどうなったの?

それにしても姉さんの文章、
淡々とした口調の中にも知性が溢れてるね。
人柄なのかな〜? とっても魅力的〜♡♥♡

sally
2011/10/20 01:11
なんか、疲れているのに、腹立たしいのと悔しくなりますよね

私→お、おととい……病院を出て、スーパーによって、お豆腐などを買って……レジで、お財布がありませんでした
いつもリハ室に行くとき、小さめのバックにお財布を入れて行くのですが、取り出さず病室に忘れたのです。取りに行きましたがひどく恥かしかったです
クローバー
2011/10/20 08:51
sallyさん、もうもう、参りましたでございますよ。

自転車、そのままです。家族は全然気づいてもいない、、。

ほめてくださってありがとうございます。ええ?!と、文を見直しちゃいましたよ。
知性どころか、アで始まる例の病気をマジで心配しているこの頃です。もう若年性にはならないかも、ね。
ふーみんの姉
2011/10/20 10:17
クローバーさん、ねえ。自分にです。

レジでお財布が!!それは恐怖です。
取りに帰るのにも時間が掛るからさらに忙しい思いをしたでしょう?だからまたミスをしがちになる、この不幸の連鎖(笑い)をどこかで止めねば。

でも、私は初めての喫茶店にお財布無しで入った事があるから、それよりだいぶましですネ。助けが来るまでそれは心細かったです。
ふーみんの姉
2011/10/20 10:27
名無しは私です。ごめんなさい。
たんぽぽ
2011/10/21 06:15
たんぽぽさん、わざわざありがとうございました。
ふーみんの姉
2011/10/21 11:36
ふーみんの姉さんらしい。失礼!
もえ
2011/10/21 23:37
もえさんだって似てるじゃない?
ふーみんの姉
2011/10/22 10:08
大変でしたね〜。
私も何度か鍵やっちゃいましたよ。
昔の鍵だったんで、ドライバーでネジを外して帰りました。
その後、百均で買った鍵を使っていました。

介護の話ですが、父も先週は、こもり熱かどうか分かりませんが、37度ぐらいの熱が続いていました。
はっぴいかむかむ
2011/10/24 12:55
はっぴいかむかむさん、まだ自転車そのままです。ドライバーでネジが外れれば自転車屋に持っていくのもそんなに大変じゃないけれど。何しろパンクもしているので。

先週も昨日の日曜も暑かったから、その熱かも?冷やすのも37度位だと微妙ですしね。
まったく心配が尽きないです。よくこちらの心臓が参らないものだと感心しています。
ふーみんの姉
2011/10/24 20:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
10月14日から10月18日 忘れ物に落し物、なんでこんなにポカをする〜 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる