遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 9月21日から24日 瘤ができたか? 

<<   作成日時 : 2011/09/25 13:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

酸素吸入1リットル


9月21日(水)
弟13:40〜15:45

半起き。
13:40−体温35.9度 酸素濃度95% 心拍数50

リハビリ 約60分
吸引3回
排便9:00−6多



姉17:42〜19:00

起きている。
17:50−体温36.2度 酸素濃度89% 心拍数57
18:50−*ナースによる       92&      51

口腔ケア
吸引1回


台風のため電車が止まってしまったので、家からタクシーで出かける。
毎日見える同室の奥さんはさすがに今日はお休み。
少し早めに帰ろうとしたが、電車はいっこうに動く気配がない。タクシー会社に電話しても誰も出ない。
1時間に1本のバスにかろうじて飛び乗り、さらに大宮寄りの駅まで行く。
タクシー乗り場には数人並んでいるだけで、10分足らずの待ちで乗れた。
最寄りの駅まで着いた。ここからなら徒歩20分強で自宅へ着く。
もしもの場合には病院から自宅まで1時間半を歩く覚悟でいたので何と言うことはない。

それにしても全国の被害の大きさに驚く。



9月22日(木)13:02〜18:56
起きている。

左眉上にバンソーコーが貼ってある。
姉の姿を見つけた看護師のIさんと師長が謝りに。
着替えをさせていたら、咳き込んだ拍子に手すりに顔をぶつけ切ってしまったとの事。

こぶでもできたのだろうか?内出血しているし、約1センチ切れている。『泣きましたか?』と聞いたら、泣きはしなかったが、びっくりした顔をしたらしい。顔が固まったかも?
良くやってくれている看護師さんなので、強くは言えなかったが、本当に事故はいつでもどこにでも起こりうる。

13:10−体温36.2度 酸素濃度88%〜96% 心拍数57
腹臥位前 *ナース計測       94%           53 血圧110−74 
腹臥位中 *酸素無し        80%台  93〜96% (中心は93%) 
15:48−                95% 酸素1リットル入れる
18:20−                88〜92〜94%

リハビリ5分+15分+60分+5分
ST & 口腔ケア
吸引5回
車椅子の散歩無し
主治医の診察+カニューレ交換
腹臥位療法30分 *怪我をした部分を避けるため、いつもと反対側に向いて行った。
CD鑑賞10分
排便10:00 6多

主治医の診察を待っていて、なかなか来てくれず結局車椅子に乗せられず。
STのMA先生がここのところ休みがちだったが、さらに1カ月位休みになるとの事。ハードスケジュールで疲れてしまわれたか?



9月23日(金)
弟13:34〜15:55
起きている。

13:40 体温35.6度 酸素濃度96% 心拍数48
15:50    36.1度

リハビリ約60分
吸引1回


姉18:04〜19:00
眠っている。

18:10−体温36.2度 酸素濃度95〜94% 心拍数50
18:35−*ナース計測        95%         50

口腔ケア



9月24日(土)
姉13:16〜18:56
起きている。

13:20 体温35.8度 酸素濃度96〜95% 心拍数50
車椅子上 *酸素無し        95〜91%      49
15:00                 93〜88%      52  
18:25    36.2度       95%          57

リハビリ 20分+20分+20分+30分
車椅子の散歩 65分
ST & 口腔ケア
吸引 4回


涼しいと言うか、病人には寒い感じになったため、掛けものの調整が心配になってくる。
病院で出しているのは、シーツ状の掛けものと冬物の暑い布団しかないので、ちょっと不便だ。
自宅から、タオルケットと毛布のようなケットを1枚ずつ持っていっているが、それだけでは足りないかもしれない。大物を電車で持ち運びするのは肩・腰に堪えるのだが。
動いているスタッフは自分たちが暑いので、全く動けない病人が冷え切った手足でいるのに気が付かずにいる。
かといってまだ暑い日もあるので、長袖は早いだろう。試行錯誤の上、女性用(男性用は見つからなかったので)の新品のタイツを切って、下の部分をアームカバーのようにして着用させている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
台風の日は帰りが大変だったのですね。
自宅まで1時間半も歩く覚悟がおありなんて
すごい!
もうこれからはこんなことが再々、ありませんように・・
たんぽぽ
2011/09/25 14:52
たんぽぽさん、本当に、暑さと台風と雪ですね、病院通いの敵は。
年に数回、困ったと言う日があります。
いつもコメントありがとうございます。お返事が遅くなってすみません。
ふーみんの姉
2011/09/26 00:37
携帯からです。
入院していると、いろいろありますよね!
それにしても、こぶができるほど強く咳き込めるのは、すごいですよ。
筋肉が強く動けるわけだから。

負けないで行きましょう
クローバー
2011/09/26 01:55
闘病には、台風も連休も関係ないですからね〜(><)
sally
2011/09/26 02:25
ご質問にお答えします。
あんまり参考にならないかもしれませんが・・・。

痰のかき出しは、側臥位にしてしばらくすると、下側にした頬や歯の周りに唾液や痰がたまってきます。
それを、ミニモアブラシでからめ取っています。

モアブラシもありますが、父には大きすぎたので、ミニモアブラシを使っています。

水分をしっかり吸い取った後にブラシを口に入れ、歯茎や頬をマッサージします。
ブラシについた痰などをティッシュで拭き取って、コップについだお湯でブラシを洗い、また水分をしっかり吸い取って口の中の痰をかき出す。
これの繰り返しです。

父の場合、口を全く開けないので、口の中は全くできませんが、これだけでも、かなり口の中の唾液や痰は取り出せます。

でも、ブラシを入れることで、唾液を誘発したりすることもあるみたいなので、吸引したり、マウスティッシュで拭き取った方がいいかもしれません。

http://ocmedical.jp/


側臥位は、タオルケットや掛け布団を丸めて抱き枕みたいにしてやっています。
父は全く不快感を訴えません。
自己流でひとりでやっているから、完全なうつぶせはやったことがありません。
うつぶせができると、膝や肩の関節がやわらかくなるんだろうなあと思っているのですが。 
胃ろう部に空間ができるようにするといいのでしょうが、一人でやるにはちょっとこわいのでやめています。

http://www.hospital.kasai.hyogo.jp/06activity/08team/01fukugai/index.html
はっぴいかむかむです。
2011/09/26 12:52
クローバーさん、携帯からわざわざありがとうございます。
瘤ができるほど(実際できたかはわからないのですが)強く咳き込めるのはすごい、と言って頂いて、怪我をさせられて落ち込み気味だったのが、げんきんにうれしくなりました。
咳き込んで苦しんでいるのを見るのは辛いですが、さらに頑張ってみたいと思います。
ふーみんの姉
2011/09/26 22:10
sallyさん、そうですよ。
雨が降っても槍が降っても姉ちゃんは来るよ、と言っています。

涼しくなりましたので、体調に気を付けてくださいね。こちらでは看護師長自ら、エヘン虫にやられています。
ふーみんの姉
2011/09/26 22:13
はっぴいかむかむさん、こちらにお返事ありがとうございます。

すっごく参考になります。
ミニモアブラシは、口腔ケアの時に使っています。側臥位でなく、仰臥位でですが。だいたい同じ使い方です。
そちらのように、側臥位の時にやっても良いですね。吸引ブラシは禁止されたので、使えませんが。

側臥位は、タオルケットや掛け布団の代わりにバランスボールでやりたいと思っています。ただ、下になる腕が(本人が動かせないので)どうしたらよいか検討中です。

腹臥位(うつぶせ)はいいですよ。病院のスタッフがやってくれますが、(本当は家族だけでもやりたい)それでも3人必要です。気管切開していますし、弟の体は55キロ以上あって、緊張しているので凄く重く感じます。でも、ふつうは2人で大丈夫です。ポイントは、窒息と骨折に気を付けること、ですね。

それにしても、お一人でお父さんの介護偉いですね。私の場合、親だったらこんなに一生懸命やらないだろうな、と思います。

また、貴サイトにお伺いしますね。
ありがとうございました。
ふーみんの姉
2011/09/26 22:29
お疲れさまです。
額のケガ、大丈夫ですか?
母も以前救急病院のときにぶつけられたことがあります。
でも、知らんぷりされました。
上掛けの調節、難しいですね。
部屋の気温が下がる夜から朝にかけて、母は体温調節が難しいので低体温になってしまいます。
気温が高い昼間はタオルケット一枚でちょうど良いのですが…
夜はスタッフさんが上掛けで調節してくれないものでしょうか?
心配ですよね。

2011/09/30 19:45
風さん、お疲れ様です。

額の怪我したところは、ようやく黄色になってきました。それに関係したナースが先日また謝ってくれました。

上掛けの調節は、本当に家族がやらないとダメのようです。夜7時頃のおむつ替えの後は午前2時まで、ほぼ見廻りはないようです。その時間スタッフは、他の仕事をしているか、或いは仮眠や夕食をとっているようです。熱心なスタッフだと見てくれる場合もありますがそれでも1回。こちらが何となく、『1時間に1度位は見廻りしてくれるのでは?』と思っていたのは全く希望的観測でした。
良い方法がないものでしょうかね?
ふーみんの姉
2011/10/01 23:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
9月21日から24日 瘤ができたか?  遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる