遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 9月11日から16日 首がキリンになる待ち時間

<<   作成日時 : 2011/09/16 23:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

酸素吸入1リットル


9月11日(日)姉17:25〜19:16

17:30−   酸素濃度85〜88%        体温36.7度
吸引  88〜92% 心拍数78
19:00−         93〜94%      66    36.9度

口腔ケア
爪切り



9月12日(月)姉13:16〜19:16
起きている。

13:20−酸素濃度96〜93% 心拍数50 体温36.7度
車椅子上−     94〜92%      52 (酸素無し)
腹臥位中−     94〜85%(中心93〜91%)(酸素無し)
腹臥位終了直後   96〜94% 心拍数54(酸素1リットル)
15:55−      96〜95%      53 体温36.4度
18:00−      94〜93%      57(酸素無し)
18:30−      95%         53(酸素1リットル) 体温36.7度
19:10−      95〜93%                      36.5度


車椅子の散歩 45分
腹臥位療法 32分
吸引5回
酸素無し時間 45分+32分+30分=107分
リハビリ 5分+20分+86分
口腔ケア(ナース)



9月13日(火)
13:35〜15:55
眠っている。

13:40 体温36.4度
14:40頃 酸素濃度94% 心拍数48〜52 

リハビリ 約60分
吸引1回


17:40〜18:57
眠っている。

17:45 酸素濃度94% 心拍数53 体温36.3度
18:45       94〜92%  54    36.4度

口腔ケア
吸引1回
酸素無し時間30分



9月14日(水)姉13:16〜19:14
起きている。

13:20 酸素濃度95〜89% 心拍数57 体温35.6度
車椅子上      96〜93%      58 (酸素吸入無し)
ベッドへ       96〜%        66
18:10       95〜90% 58 体温36度
18:20       93%         56 (ナースの計測)

リハビリ 30分+100分
車椅子の散歩 35分
意思確認&刺激 (入院費支払い−銀行から下ろしてきたお金を一枚一枚見せて手で持たせる。)
ST & 嚥下訓練(りんごジュース使用−口を動かす。)
口腔ケア
排泄11:00 摘便(マイナス)
吸引 4回(自力排出1回) 
酸素無しの時間 35分 

*腹臥位療法研究会のSAさんがみえて、(ふーみんの)関節可動域が広がったと話してくれた



9月15日(木)姉13:16〜18:56
起きている。

13:20 酸素濃度95〜93% 心拍数52 体温36.2度
車椅子上      93〜94%      53 (酸素無し)
腹臥位中      93〜91%      53 (酸素無し)
15:40       96〜94%      52
18:30       95〜92%      51 体温36.2度

リハビリ 10分(PTのIM先生)+10分+7分+40分+15分
車椅子の散歩 25分
腹臥位療法 23分
酸素無しの時間 25分+23分
吸引 4回
口腔ケア
排便 5:00 ピコス7d
    9:00 6多
   19:00 6多

いつにも増してせわしない日だった。
カンファレンスが2時までかかり、その後なかなかおむつ替えに来てくれない。
車椅子に乗せられたのは、2時半を過ぎていた。本当なら腹臥位が始まっていなければならない時間だ。
腹臥位は15時12分から。ナースとしては時間が押しているので中止にしたかったようだ。が、新人で大人しい子なのをいいことに、半ば強引に頼み込んで23分やって貰った。本当は30分やりたかったのだが、敵もさっさと夕食の経管栄養を持ってきてしまったのでそれ以上は粘れず。
また、排便をしたのでおむつ交換に時間が掛った。



9月16日(金)
13:30〜15:55
眠っている。

13:35 酸素濃度95〜94% 心拍数49〜50 体温36.4度
リハビリ 約60分

17:56〜18:56
起きている。真っ赤な顔で横を向いている。痰が苦しいのか?

18:00 酸素濃度96〜94% 心拍数55 体温36.3度
18:50       96〜95%      50    36.1度

口腔ケア
手指のマッサージ 5分
吸引 1回


                        **********
面会時間は午後2時から8時となっているが、その時間を目いっぱい家族のリハビリ等に使えるわけではない。
当たり前だが、医師の診察があり、ナースの処置があり、おむつ交換、体位交換、食事の時間などなどが決められているので、家族はその邪魔にならないように動かなくてはならない。

それに会議が多い、と言うか、さらに多くなった印象だ。週に3回はある。
その後もスタッフの休み時間があるのか、なかなかおむつ替えに来てくれない。

車椅子に乗せてやりたい、腹臥位をさせてやりたい。もっともっとやってやりたいことがある。それらを自分たちだけでやることは禁止されている。

おむつ交換も時間がかかる。相部屋の他の患者さん全てが終わらなければ中に入れない。時として30分以上待たされる。同室の家族さんと時間つぶしのおしゃべりをしながらも、内心はじりじりしている。忙しい合間をぬってきているのに。時間がもったいない。自分の家の交換が終わったら、中に入るようにしてくれればもっと体も動かしてやれるのに。

がんじがらめだ。
                       **********
















 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
最近の、たいていの病院は「完全看護」をウタってますが、
家族が考える以上の(もしくは同等の)看護を求めるのは難しいですね〜(><)

でも、そんな難しい状況の中でも姉さんは、本当に一生懸命やってらっしゃると思います。

あんまりキリキリ思い詰めないでね。

sally
2011/09/18 01:15
sallyさん、ウエーン。
ついついイランパしてしまいます。失礼。
sallyさんこそ、勉強熱心で、常に結果を出してらっしゃる。いつも見習っています。

こちらこそよろしくです。
ふーみんの姉
2011/09/18 01:53
関節可動域が広がった!
関節の可動域の広がりは大切と聞いたことがあります。
良かったですね。
たんぽぽ
2011/09/18 06:57
関節稼働域が広がったこと
難しいですよね。病院のナースにもいろいろあります。実は私も、リハ病院の初日に闘いがありました。
まあ、その人は札付きだったというか……。
なんか、自分のいない間に何かされると(そんなことはないけれど)なんて考えて心配になりますよね。
でもがまんかも
クローバー
2011/09/18 20:28
たんぽぽさん、スタッフ大勢が体が柔らかくなったと言ってくれます。これを維持して、さらに努力していかなければと思っています。
ありがとうございます。
ふーみんの姉
2011/09/19 00:27
クローバーさん、ありがとうございます。
でも、肘のこうしゅくはひどくて大変です。

病院側との闘いはどなたにもあるのでしょうね。
まあ、私は割と我慢するタイプですが、おかげでストレスにやられて、つい愚痴を書いてしまいます。
ふーみんの姉
2011/09/19 00:32
うちの場合、病院は何もしないのですが、口も出しません。 放任主義で、車いすに座らせるのも家族がするならどうぞって感じです。
おむつのやり方は一緒ですが、部屋に残り看護師と一緒に交換する家族もいらっしゃいます。
関節をやわらげ、拘縮を改善するにはほんとどうすればいいのでしょうね・・・。
はっぴいかむかむ
2011/09/21 12:55
はっぴいかむかむさん、前からそちらの病院は良く許可をくれると思っていました。
何もしてくれないのもちょっと考えますけれど、こちらのように、(やってくれる)気持ちはあるけれど、忙しいので、結果はほとんど同じです。腹臥位も車椅子も家族だけではダメ。何回か頼んでもなかなかおむつ替えに来てくれないので、お尻がただれるのを心配した家族がおむつ替えをしてしまったら、師長に呼び出されてひどく怒られたそうです。

拘縮改善のために、ボツリヌス菌の注射などを考えていますが、これも他の病院まで行って受けるとなるとまた、ややこしい会議を延々とされると思うと、話をするのも考えてしまいます。
ふーみんの姉
2011/09/21 13:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
9月11日から16日 首がキリンになる待ち時間 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる