遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 8月12日から14日 極秘の嚥下訓練

<<   作成日時 : 2011/08/14 23:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

酸素吸入約1リットル


8月12日(金)弟13:39〜15:55、姉18:05〜19:14
13:39−眠っている。
18:05−起きている。

リハビリ(弟)約40分
ST(MA先生)15分
吸引計2回
排便2回
口腔ケア
指示ー《グー》× 《チョキ》○ 《パー》△

バイタル
13:40−体温35.6度 酸素濃度99% 心拍数54〜56
18:20−   36.1度       98%      54


看護師長から、痰の吸引をしていないか、問い合わせを受ける。もちろんしていないのでその通り答えたが、歯磨きの後に口の中の吸引をしている事が知られると、それも止めるように言われる。病院側が神経質になる気持ちもわかるのだが、実際吸引を頼んでもなかなか来てくれない事が多いし、数は少ないが、あからさまに不機嫌な顔をする看護師もいる。忙しい事がわかっているから、むせてもすぐには頼まずに、しばらく自力で出せるようにいろいろなケアをしてから、それでもダメで、本当に苦しそうな表情の時だけ頼んでいるのに。口腔ケアの後の吸引歯ブラシも、もし、ナースがいつも歯磨きをしてくれたら、こちらもしなくて済むものを、休日はほとんどと言うほどやってくれていない。そんな時、肺炎が心配だからケアをする。その後の吸引もやらないと唾が溜まってむせることもある。
本当に、必要不可欠な事なのに。家族にケアをさせないなら、病院側で確実にやって欲しい。

他の例として、患者さんにおやつを食べさせる件で、家族には許可が下りず、STの許可を得たナースが食べさせる事になっている。STの技術はもちろん安心できるそうだが、大部分のナースが、スプーンに入れる一口が多過ぎ、ゴックンを見届けないうちに次から次へと口に入れて、患者が苦しくなってむせたり、食べるのを拒否したりする。素人の家族の方がよほどうまいとはどういうことだろうか?



8月13日(土)姉13:20〜19:16
起きている。

車椅子の散歩80分
リハビリ20分+100分
吸引回数3回
口腔ケア
嚥下訓練(桃)

バイタル
13:50(車椅子上)−体温35.6度 酸素濃度96〜99%(酸素1リットル) 心拍数58
     (  ”   )                  94%    (酸素0.5リットル)
18:30(ベッド上) − 35.7度       95〜97%(酸素0.8リットル)    56
                        

極秘の嚥下訓練
頂いた冷えたおいしい桃を、車椅子の散歩時に持ちだして、病室から遠く離れた場所で行った。
STのMA先生も、りんごジュース等のアイス棒を使われる時もあるが、やはり家族だけの訓練は絶対反対されるだろうから。肺炎になりやすいふーみんには、危険なのは重々承知している。しかし、この頃調子が良いようなことをMAさんが話していたし、よくよく注意をしながら自己責任で行った。

まずは送ってくださったYさんの事を話し、桃を見せ、手で触らせた。(もちろん、残りの桃は姉が食べるので、ふーみんの手はきれいにしてから)。甘い匂いを存分に嗅がせた。もう、この辺から口を少し動かし始めた。
ノドヌールの綿棒では太すぎるので、細い普通の綿棒を桃に突き刺し、桃のジュースを吸わせた。取り出して、上下の唇をさっと湿らせただけで、すぐゴックンをした。綿棒を新しいのに替えて、今度は舌の上に乗せてみた。数回動かしてすぐ取り出した。一滴の水分も禁物なので、ここまでにした。

読者の皆様へ注
(危険を伴うことなので、これを読んだだけで勝手に実行しないでください。責任は持てません。どうしてもやってみたい場合は、STの許可を得るか、見せて、触らせて、匂いを嗅がせる、までにしておく、ここまででも何もしていない患者さんには十分刺激になると思います。)



8月14日(日)姉17:25〜19:30
口を開けて眠っている。

リハビリ30分
口腔ケア
吸引回数2回
排便ー6多

バイタル
17:30−体温36.2度  酸素濃度88%   心拍数62
17:45−吸引    96% → 99% 67
*手がじっとりしてきた。体温も少々高めなので、ナースからアイスノンをする申し出があった。
18:30−体温36.7度         93%        58 (ナースによる計測)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
実は私も、同じ様に「危ない橋」を渡って来ました。^^;
ふーみんの姉さんの勇気に拍手!!
sally
2011/08/15 01:48
現時点では痰の吸引は看護婦さんとヘルパーさんだけしかできなんでしたかね。。
以前にも聞いたような・・もしそうだったらごめんなさい。
たんぽぽ
2011/08/15 07:08
お疲れ様です。
ふーみんさん、桃を楽しめたようですね。
転院前の病院では看護師さんの歯磨きで、歯磨き粉をつけて磨いた後に吸引をしていたので、吸引するまえに母は歯磨き粉をゴクンゴクンやってしまっていました。
それを見ていて、このやり方で大丈夫なのか不安でした。
ずっと見て来て、看護師さんでも口腔ケアの基本がなっていない人もいっぱいいるんだなあと思いました。
家族の方が上手かったりしますよね。

2011/08/15 12:49
sallyさん、ありがとうございます。
危ない橋を渡らなければ、機能が少しずつ衰えていくのを手をこまねいて見ていなければなりませんものね。ナースの言うことが全面的に正しいわけではないですし。でももちろん慎重にやって行きます。
ふ−みんの姉
2011/08/15 23:46
たんぽぽさん、ありがとうございます。
痰の吸引は、看護士さんもヘルパーさんも家族もできるのです。私は二つの資格を満たしているのですが。あの病院(あの病棟)では、看護師にしか認めていません。でも忙しいのか、頼んでもなかなか来てくれなくて。
ふ−みんの姉
2011/08/15 23:49
風さん、ありがとうございます。
忙しくて基本を身につける暇がない看護師さんより、素人でも必死で見ている家族の方が、丁寧にやっている例が多いですね。
でも、その前の看護師さん、歯磨き粉をゴックンさせてしまうなんで、汚いですね。

お互いに暑さに負けず頑張っていきましょう。
今日はマッサージのやり過ぎで、こちらの手が痛くてたまりません。
ふーみんの姉
2011/08/15 23:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
8月12日から14日 極秘の嚥下訓練 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる