遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 8月26日から31日 夏の終わりに

<<   作成日時 : 2011/08/31 23:27   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

厳しい夏だった。

同じ病棟でも週に何人もの人が亡くなっていった。
『100歳まで生きる』と豪語していたKさんも、90歳を目前に風邪をこじらせ、2カ月もの闘病の末に力尽きた。いつも明るく、氷川きよしの大ファンで、カレンダーの写真を病室の壁に何枚も貼っていた。
少し認知症気味のOさん。おしゃれで上品で、ご機嫌の良い時の、ちょっぴりかみ合あわない会話が楽しかった。
Fさん、Nさん、、、、、その他お話したこともない患者さんたち。どうか安らかにお眠りください。


ふーみんの姉自身にも大変な2か月だった。他の季節は週に2回程度の休みを取っていたし、帰りも6時から6時半頃までには、病院を出ることができた。
しかし、この夏は休み無し。夜も8時近くまでいることもある。
暑いと掛けものの下で汗をかき、エアコンをつけたらつけたで、手足が冷え過ぎる事がある。それをスタッフがきちんと見て、タオルケットを外したり掛けたり、汗を拭いたりの調整をしてくれればいいのだが、なかなか行き届かない。
心配でほぼ面会時間いっぱいいることになってしまう。
この気温が落ち着くまで、後しばらく休みなしで頑張らざるを得ない。



酸素吸入約1リットル



8月26日(金)
13:34〜15:55

13:40−体温35.5度 酸素濃度98〜99% 心拍数47〜48

リハビリ約50分
ST(MA先生)−ゴックンする。
吸引2回


18:08〜19:08
起きている。

18:10−体温36度 酸素濃度97〜98% 心拍数55
19:00−   35.6度     97〜98%      48

口腔ケア
吸引1回



8月27日(土)姉13:16〜19:12
眠っていたが、すぐ起きた。

13:20−体温36.4度 酸素濃度98% 心拍数56
車椅子上−               94〜98%(0.5リットル)
16:45−                98%      58
18:18−   35.8度       96〜100% 60
19:10−   36度

車椅子の散歩75分
リハビリ20分+20分+50分 
     *両腕を広げる運動をしている。肺が強くなり、痰が良く出るように。
お腹のマッサージ5分(便秘対策のため。またも出ないので、週明けに下剤を掛けると言うことだが、、、

吸引3回(その他にも自力でだいぶ出している。)



8月28日(日)姉18:07〜19:20
起きている。赤い顔。足も温かい。少し掛けものが多いか?

18:10−体温36.3度 酸素濃度95〜97% 心拍数63
19:16−   35.8度

口腔ケア
吸引1回



8月29日(月)姉13:16〜19:06
起きている。
酸素吸入が1.5リットル以上になっている。具合が悪くなったのかと一瞬焦ったが、後ほど間違いと判明。吸引の時、吸引のボトルを取り外す時などに手が触れて、メモリを動かしたのか?危険極まりないミスである。

13:20−体温35.9度 酸素濃度(1.5リットル以上)98〜94% 心拍数57
車椅子上−               (0.5リットル、15分位無し)94%
腹臥位中−               (1リットル)99〜100%動くと80台まで下がる
19:00−   35.7度       (1リットル)95〜94%          70

車椅子の散歩35分
腹臥位療法30分
吸引4回
リハビリ55分+40分
ST&口腔ケア

排泄
05:00−ピコス5d
19:00−排便5多
23:00−排便6多



8月30日(火)
13:36〜16:00

起きている。
ベッドが濡れているため、シーツ等交換して貰う。昼の白湯が漏れたらしい。(しかも、同室の家族さんによると、2回も漏れたとの事。)

13:40−体温36.2度 酸素濃度98% 心拍数59


17:38−19:57

眠っている。
17:40−体温36度 酸素濃度97〜94% 心拍数59
18:50−   36.4度     96〜99%      57

ST & 口腔ケア
吸引1回



8月31日(水)姉13:16〜19:02

起きている。

13:20−体温35.8度 
車椅子上−         酸素濃度97%  心拍数57(0.6リットル)
18:45−   35.8度        96%       53

車椅子の散歩100分
リハビリ15分+60分+35分
お腹のマッサージ
ST & 口腔ケア      
吸引3回

*ちょっと話しかけないでいるとすぐ眠る。それも口を開けてリラックスしている感じで。体のマッサージをしてやっていると特に。ナースが、『気持ちいいんだね』と笑顔で声を掛けていく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
看護士さん達には、単なる「大勢の患者の内のひとり」に過ぎなくても、家族にとっては大事な、かけがえのない存在ですものね。
もう少し気づかって欲しいですよねぇA

それにしても、ふーみんさん、最近「起きている」が増えた気がするのは、私だけでしょうか…`
sally
2011/09/01 10:10
ふーみんの姉さんの健康が心配です。
姉さんあってのふーみんさんですから。
たんぽぽ
2011/09/01 19:56
sallyさん、ありがとうございます。
腹臥位をやってくれたり、会議が多かったり、前向きなところもある病院なのですが、基本的な事にちょっと気がかりなところがあります。

そうなんですよ、私もこの頃良く起きているなあ、と思っていたところです。
ふーみんの姉
2011/09/02 00:11
たんぽぽさん、ありがとうございます。
行って、(リハなどを)やればやるだけの事があるので、やらないとダメなような強迫観念があるのかも知れません。
ふーみんの姉
2011/09/02 00:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
8月26日から31日 夏の終わりに 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる