遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月20日から22日 汗が出る、引く、一気に冷える

<<   作成日時 : 2011/06/22 23:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

酸素吸入1リットル


背中に新たな赤い湿疹がぼつぼつできてきている。アセモかも。

湿気のためか、痰が多い。吸引して貰うまでは、酸素濃度が低い。80台に下がってしまう時もある。吸引が済むとげんきんに上がる。

夕方になると汗が出始める。それを拭いていると体が一気に冷えていく。西日が当たる部屋なので相当蒸し暑い。かといって冷え過ぎると足先などが非常に冷たくなる。本人の体の状態に合わせて、こまめに掛けもの等で調整をして貰えるわけではない。微妙な体温の時にも頭を冷やしてやりたいので、私物のアイスノンをナースステーションの冷凍庫に入れて貰う。病人が暑そうな時に出して貰う。これも頼まなければならないので、当分遅くまで残っているようになるだろう。しばらく帰宅は21時頃と覚悟をしておかねば。



6月20日(月) 姉13:05〜19:38
起きている。

車椅子の散歩 60分
腹臥位療法 30分
吸引回数7時間30分中7回

バイタル
13:10 体温36.1度 酸素濃度89〜90  吸引後97% 心拍数56
車椅子上               98%(酸素吸入0.5リットル)
腹臥位中               97〜99%(主に99%)
18:10 体温36.7度(長袖パジャマを脱がせて貰う。  36.2度
18:30 左腕発汗 酸素濃度88%
19:30 酸素濃度92%

摘便(−)

腹臥位中に、またも胃ろうのボタン部分が痕になって残ってしまった。今回は、厚い布団をクッションにしたのだが、それでも直接あたってしまったようだ。やはり、酸素濃度がほんの少しの間下がった。そう言えば、ふーみんが『大丈夫?』という私の問いに、手を握らなかった感じだ。非常に微妙な手の平の動きなので、なかなか正確にキャッチできない。



6月21日(火) 
弟13:34〜16:00
起きている。パジャマは半袖のTシャツになっている。
体温35.9度 酸素濃度98〜99% 心拍数50〜52

リハビリ約60分

指診(−)


姉17:45〜19:24
起きている。
タオルケットの下にある腕に少々汗。腕を出したら汗が引いた。

17:50 体温36.3度 酸素濃度97〜98% アイスノンを使用。
18:40    36.2度       96%
19:15    36.2度       94% 吸引  99%



6月22日(水) 姉13:05〜19:36
起きている。

リハビリ PT+家族100分
車椅子の散歩75分吸引回数7時間30分中4回
口腔ケア

バイタル
13:10 体温35.2度 酸素濃度94〜97% 
車椅子上               97%(酸素0.7リットル)
18:05    36.1度       90〜98% 心拍数67
19:10    36.3度       96%
19:30    35.8度

排便
05:00 ピコス10d
19:00 6多    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
微妙な手の平の動き。さすがふーみんのお姉さん。
お姉さんの動きもすごいです!

蒸し暑いです。ふーみんさんもお姉さんも体調にお気をつけください。
たんぽぽ
2011/06/23 06:49
体温調節がむずかしいので、うちも大変です。
ブログにも書きましたが、デイに行く朝37.5℃なのに、向こうで最初に測った検温は、35.8℃ですよ
そう、ナースさんによっては、冷やしてくれないのですよね! 私も文句を言ったことがありました
クローバー
2011/06/23 07:57
たんぽぽさん。
ふーみんは自分から言いたいことを発しているのですよね、きっと。でもこちらが受け止められない。だからあきらめて眠ってしまう感じです。私だけでも理解してやらねばと思っています。

たんぽぽさんもおからだご自愛くださいませ。
ふーみんの姉
2011/06/23 11:49
クローバーさんのお宅でもそうですか
困ってしまいますよね。
そうそう、体温が急に上下します。ほんの1枚の上掛けがあるとないとで大違いです。
37度になるとアイスノンを、それ以上になると氷枕、と言う決まりがあるようですが、うちは結構見逃されます。家族が付いているからかしら
だもんで、私物のアイスノンを用意しました、がこれもなかなか頼むのが大変です。

クローバーさんも体調にお気をつけて。
ふーみんの姉
2011/06/23 11:54
はじめまして。
最近こちらのブログを拝見する機会を得まして、お邪魔致しました。
私の母も昨年脳卒中で遷延性意識障害になりました。
春先に急性期病院から療養病院に転院、また3ヶ月の期限を理由に転院しなければなりません。
ブログを拝見して、腹臥位療法など積極的に試され、私は母に何もしてあげていないなと思いました。
病院には毎日行って関節可動域訓練などはやっていますが、家族からは病院に任せて何もするな、また転院してくれと言われたらどうするんだ、と言われています。
どうしたら病院と上手くやっていきながら母にいろいろやってあげられるのか悩んでいるこの頃です。
またお邪魔させて頂きたいと思います。

みかん
2011/06/23 18:50
みかんさん、はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
療養病院なのに3カ月で期限とは、またずいぶん短いように思いますが。うちは、来月で今の病院の入院歴が丸4年になります。
弟の命を助けるためにひたすらやってきました。病院側とうまくやっていこうという意識も無しに、必死でした。スタッフにはとにかく低姿勢で(これはもともとの性格ですお願いし、反対にこちらができることは何でもやってきました。お願いしていることも多いですが、手助けになっていることも結構あると思います。

病院に任せきりで何もしないでも、ちゃんとやってくれればいいのですが、大抵の場合そうはいかないと思います。とにかく普通の病院は忙しすぎますから。
家族が手を掛けなければ、病人はほとんど寝かせきりになり、体は固まり、意識状態も良くはならないと思います。今の病院でも家族が余り来ない患者は、見捨てられた感じです。
なんとか、頑張ってお母様にプラスになることをなされるよう願っています。
拙いブログですが、また、どうぞおいでになってくださいね。
ふーみんの姉
2011/06/24 01:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
6月20日から22日 汗が出る、引く、一気に冷える 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる