遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月1日から2日 笑った? 『ふーみんの声』が聞けた

<<   作成日時 : 2011/04/03 12:18   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

酸素吸入2リットル


2011/04/01(金)

『ふーみん』と声をかけると、笑ったように感じられたそう
痰の吸引を頼むが余り取れず、眠ってもすぐに痰が上がってくる。

疥癬に掛ってから病院側には特別お世話になっているので、会う人会う人にお礼を言ったらしい。
『(母の言葉で)疲れがとれた〜』と言ってくれた介護士さんも。
本当にお疲れ様だった。皆さんありがとうございます。


2011/04/02(土)
起きている。 体温36.6度 酸素濃度99〜96% 脈65
大人しい顔。
痰の吸引を頼むが、なかなか来てくれず。このまま帰ろうと思ったが、またむせだしたので、20分過ぎにまたコールする。やっと来てくれる。
土・日・祝日は看護師・介護士ともに人数が足りない。



気管切開しているふーみんは、声を出すことができない。命を救う事が急務だったから、手術をお願いするしかなかった。穴があいている部分を閉じる為には、痰が少なくなること、などいろいろな条件がある。ハードルは高い。

だが、MLの仲間、Iさんからふーみんの声が届いた
『花ちゃん人形』のセットのために録音したものだ。
開けないでずっとそのままになっていたものを、変換して送りなおしてくださった。
Iさんの事覚えてる?花ちゃん人形の事は?との質問に指で返事をしてくれたように思う。
ふーみんの声は、意外とおとなしく静かだ。
本人にも聞かせてやりたい。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4月1日から2日 笑った? 『ふーみんの声』が聞けた 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる