遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月9日から10日 褥瘡ができてしまった?!

<<   作成日時 : 2011/03/10 21:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

5日ぶりに病院へ。

酸素吸入2リットル


2011/03/09(水)
病棟はひっそりとしている。
他の家族も、ほとんど来ていない。
一応ナースの許可は得たが、まだ見舞いは歓迎されない感じ。

主任ナース
『かかとに褥瘡(じょくそう)ができてしまったんですよね。すみません』
えええ!!!
ふーみんの足を見てみる。確かにできている。
バンデージをし、専用のクッションを置いてあるが、痛々しい。

でも、何故?
家族のクッションをすべて引き上げさせておいて、プロである病院が注意を怠った。
だって、2時間でできてしまうものでしょう?褥瘡(じょくそう)って。

さらに、またも口腔ケアがしてない感じ。
舌が汚いし、唇が渇いて皮が張り付いている。
だが、経管中のため、手がつけられない。

それに、あまり長居をすると、また注意をされてしまうかも。

ふーみんが何となく元気がないようで気になる。
家族が来なかったことで不安を感じているのでは。


2011/03/10(木)
夕方16:30に病室に着く。
体温36.4度。酸素濃度99〜95%。

起きてはいるが、今までとは何か表情が違う。
だが、30分ほど過ぎると、少し前の顔に戻った。
やはり、私たちがあまり来ていないせいだろう。
家族の力は大きいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3月9日から10日 褥瘡ができてしまった?! 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる