遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月1日から20日 別の病院を見学する

<<   作成日時 : 2007/06/20 20:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/06/01(金) 18:15 姉
体温36.3度 非常に眠そうだが、口腔ケア等が終わるまで頑張っている。

2007/06/02(土) 姉
起きている。痰がごろごろしている。体温36.7度

2007/06/03(日)〜/04(月) 母

2007/06/06(水) 誰も行かれず。

2007/06/07(木) 母

2007/06/08(金) 姉
C病院で面談(次の転院先について)
主治医、ソーシャルワーカー、看護師

痰が多い。2回ふたを飛ばす。


02007/06/9(土) 母
姉は別の病院へ見学

非常に遠い。最寄駅から電車で20分。そこからバスで30分。しかもバスの本数が極端に少ない。できるだけ毎日誰かが行きたいので、これはちょっと厳しいかと思った。
病院自体も暗くて、心が沈む雰囲気だった。

ソーシャルワーカーと看護師のOBとの面談
真っ先に言われたのがお金の事。確かに大事ではあるが、やはり家族としては、どのように患者を診てくれるのかを一番気にしているので、もう、そこで引っかかってしまった。
また、『患者の状態も家族の気持ちも変化する』と、言われたことがとても嫌だった。家族は、まだまだ治ると思っているので、希望を打ち砕かれたような気がした。
唯一評価できる点は、延命措置を行う、(呼吸器をつける)最後までお世話させて頂く、と言われたことだった。

結論は先送りとなった。


2007/06/10(日) 姉
眠っていたがすぐ起きた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6月1日から20日 別の病院を見学する 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる