遷延性意識障がいの弟を介護する

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月11日から12日 鼻のチューブがうまく入らない  ヘルパーに怒られた

<<   作成日時 : 2006/05/12 21:35   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/05/11(木)
鼻のチューブを交換したらしく、新しいのを入れようとしてもなかなか入っていかない。
看護師さんが再三試みるがうまくいかない。
別の鼻の穴にしようとしてもだめで、ふーみんは大変な苦しみよう。

見ているのが辛かったが、入れないわけにはいかず、苦しんで動き回る(でも体は動かないのだが)ふーみんを支える。
およそ30分後にやっと成功する。
疲れ果て、汗と涙まみれで眠ってしまった。


2006/05/12(金)
事あるごとに、ちくちく言われていたヘルパーに、ついに、ベッドの前で怒られる。
『便が半端でなく出て、シーツやら何やらを汚すので、もの凄く大変だ』
すごい勢い。

『すみません』としか言いようがない。

お礼とお詫びに少し包んだ方がいいのだろうか、と前々から考えていたのだが、今日の剣幕でその気が失せた。

何も病人の前で言わなくても。
わかる時もあるのだから。

自分がいつその立場にならないとも限らないのに!

それにいくら大変でも仕事ではないか。

悔しくて辛くて、そのヘルパーの名前(A)と顔は、脳裏にしっかり刻み込まれた。

ふーみんは、そのせいかどうか、額にしわを寄せて眠っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月11日から12日 鼻のチューブがうまく入らない  ヘルパーに怒られた 遷延性意識障がいの弟を介護する/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる